カーリース コスモMyカーリース トヨタ 車種別

コペンGRスポーツのカーリース料金は月額いくら?3~7年安いのは

2020年5月25日

コペン GR SPORTはダイハツが製造販売する軽オープンカー「コペン」のバリエーションの1つですが、ダイハツの親会社であるトヨタのスポーツカーブランド「GR」とのコラボレーションモデルであるためトヨタのカーディーラーでも販売されています。

コペンは軽自動車でありながら自動開閉式の屋根「アクティブトップ」を採用した2シーターオープンスポーツカーで現在販売されているのは2014年に発売された2代目ですが、コペン GR SPORTは2019年10月に新たに追加された新しいバリエーションモデルです。

コペン GR スポーツは元々人気も高いダイハツコペンをベースにカスタマイズされ、カーリースでも「ご指名」での申し込みが多い人気車種となっています。

 

そんなコペン GR SPORTのリース料金は月々いくらになるのでしょうか?

頭金も0円でボーナス加算もなしの均等払いで新車に乗る場合の料金を確認してみましょう

この記事を読んで分かること

  • 主要大手カーリース会社のコペン GR SPORTの月額・相場
  • 主要大手カーリース会社それぞれ独自の特徴

 

スポンサードサーチ

コペン GR SPORTはどんなクルマ?

出展:https://toyota.jp/copen/

初代(先代)ダイハツコペンは2002年に発売された軽自動車規格のオープンカーで、軽市販車では初となる電動油圧ポンプの開閉式ルーフのアクティブトップを採用して高い注目を浴びて登場しました。

コペンという車名はもともとは軽自動車のオープンカーということで「KOPEN」としてモーターショーで発表されましたが2002年の発売時には「COPEN」に改められました。

 

2代目に変わった現行型のコペンの1番の話題がドレスフォーメーションと呼ばれる好みに応じて様々なスタイルバリエーションを楽しめることです。

これは新たな車体の基本構造「D-Frame」によってクルマの骨組みをしっかりと作り上げることが出来たために、通常ではクルマの骨組みとなるために丈夫な鉄などで作らなくてはならない車体の表面部分を軽量でデザインの自由度が高い樹脂で作ることが可能になり、さらにその樹脂製の部分を自由に交換が出来るようにしたのです。

そのためコペンには最初に発売したコペン「ローブ」と「エクスプレイ」に加えて、初代モデル風の丸いヘッドライトやテールランプを採用したコペン「セロ」の3種類のボディバリエーションがあり、納車後も好みに応じて全体、または部分的に交互のデザインに変更することが可能です。

出展:https://toyota.jp/copen/

コペン GR SPORTはフロントのデザインに「GR」シリーズの共通デザインの「ファンクショナル・マトリックスグリル」を採用し、専用のレカロシートにはGRのロゴが入り、イタリアMOMO社製革巻きステアリングや専用となる16インチのBBS社製ホイールなどを標準装備して所有する満足感を高めています。

 出展:https://toyota.jp/copen/

またこのような見た目だけではなく、フロントの補強ブレースやセンターブレースの形状変更によりボディの剛性を向上させ、それに見合ったバネレートのサスペンションや専用のショックアブソーバーの採用により、スポーツ走行では頼りなく感じることのある標準モデルのコペンより「しっかり」と、ハードな印象のコペンSよりもしなやかでフラットな乗り心地と「GR」シリーズに相応しいハンドリングを実現しています。

 

 

アクティブトップで自動オープン

コペン GR SPORTの1番の特徴はなんと言っても軽自動車という限られた中に自動開閉ルーフの「アクティブトップ」のメカニズムを詰め込んでいるにも関わらずデザイン的にも無理を感じないことです。

開放感は抜群 出展:https://toyota.jp/copen/

さらに、コペン GR SPORTは他社のオープンカーと比較しても開放感が抜群です。

近頃のオープンカーではフロントウインドウの上端が運転席の頭部近くまで覆いかぶさるようにデザインされたものが多い中、コペン GR SPORTはフロントウインドウの傾斜が浅いためにウインドウが遠く閉鎖間の無いオープンカーらしい開放感溢れるものとなっています。

 

さらにオープンカーでありながら実用性も高いのがコペンの特徴で、屋根を閉じた状態であればリアのトランクにはゴルフバックも収納できるほどの容量があります。

 

出展:https://toyota.jp/copen/

このようなオープンを自動で楽に行えて開放感も抜群で実用性も高いコペン GR SPORTはライバルとされるホンダのS660と比較しても多くの点で圧倒的に優位に立ちます。

 

コペン GR SPORTのグレード

コペン GR SPORT CVT 出展:https://toyota.jp/copen/

 

クルマには数種類の「グレード」が用意されていることが一般的ですが、コペン GR SPORTはコペンシリーズのバリエーションの1つであるためグレード展開は無く、トランスミッションの選択のみとなっています。

コペン GR SPORTのグレード

  • GR SPORT 5MT
  • GR SPORT CVT(AT)

今回はGR SPORT CVTの料金を確認してみましょう。

料金は各社公式サイトのカーリース料金シミュレーションより算出した金額となっています。

■グレード:GR SPORT CVT(A/T)

■WLTCモード燃費:19.2km/L 

 

コペン GR SPORTのリース料金

出展:https://toyota.jp/copen/

コスモMyカーリース・スマートビークル

他のリース会社が最長契約期間が9年であるのに対してコスモのマイカーリーススマートビークルの契約期間は3年、5年、7年ですので単純に月々のリース料金を比較してしまうと不利になります。※リース期間が長いほど月々のリース料金は安くなるため。

コスモMyカーリース・スマートビークルはクルマの整備やメンテナンスなどをお任せ出来るメンテナンスパックを3種類の中から選ぶことが出来ます。

  1. ホワイトパック:メンテナンス契約なし
  2. シルバーパック:簡易メンテナンス
  3. ゴールドパック:フルメンテナンス
リース期間 ホワイト シルバー ゴールド
3年 52,030円 54,230円 56,980円
5年 38,500円 41,140円 43,890円
7年 33,110円 36,080円 38,830円

※月間走行距離1,000キロで計算

シルバーパックとゴールドパックにはリース期間分の「自動車税」、「自賠責保険料」、「重量税」が含まれますが、ホワイトパックに含まれるのは「自動車税」のみです。

 

コスモMyカーリース・スマートビークルのここがポイント

コスモのマイカーリーススマートビークルでは月間走行距離を500~1,500キロで選ぶことが出来、距離が多いほど月額料金は高くなります。当然500キロを選択すればお安くなりますが、やはり不安に感じ利方も多いようで、多くの方が1,000キロで申し込みをしているようです。

また、他社の7年契約の相場よりもコスモMyカーリース・スマートビークルが安くなる傾向があるのですが、コスモMyカーリース・スマートビークルは他社ではほとんどが標準で月々のリース料金に含まれる「自賠責保険料」と「自動車重量税」が含まれておりません。しかしその点はシルバーまたはゴールドのメンテナンスパックを選ぶことで追加することが出来ますのでフレキシブルなムダのない契約が可能であるともいえます。

 

9年の長期契約が無いことでコスモMyカーリース・スマートビークルが不利なように見えますが、じつは累計登録台数5万台を突破して、コスモMyカーリース・スマートビークルは大人気なのです。その理由のひとつとしては他社ではメンテナンスの時に指定の自動車整備工場まで出向かなくてはならないのに対してコスモのガソリンスタンドで給油から車検まで全てお任せ出来るのです。つまり使い勝手が抜群に優れているのですね。全国のスタンドを利用したロードサービスも利用出来るのでとても安心です。

またコスモMyカーリース・スマートビークルだけはリース終了後に車がもらえるようなシステムがないのですが、実際にはカーリース利用者で終了後に買取などをして乗り続ける人は全体の10%ほどで、多くの方は新しい新車のリース車両に乗り換えています。月々定額で新車を乗り継いでいけるのがカーリースのメリットなのですが実際にもそのメリットを利用する人が多いようです。

 

まとめ

出展:https://toyota.jp/copen/

今回は人気のコペン GR スポーツのリース料金を確認してみました。

頭金なし、月々約33,110円の均等支払いのみでボーナス時の加算もなくコペン GR スポーツの新車に乗れることが分かりました。

現在、コペン GR スポーツのカーリース料金が発表されていないカーリースも多いためコスモMyカーリースのみの料金ですが、他社でも料金が分かり次第こちらで記載、比較させていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, コスモMyカーリース, トヨタ, 車種別, , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ