カーリース スバル 中古車購入 定額ニコノリパック 車種別

インプレッサG4の中古車カーリースは車がもらえて新車よりも安い?

2022年1月19日

スバル インプレッサG4は洗練された4ドアセダンのスタイリングとスバル伝統の水平対向エンジンによる走りの良さで世界中で人気を集める乗用車です。

そのスバル インプレッサG4の所有方法としては新車あるいは中古車の「購入」以外の新しい方法として「カーリース」が人気です。

特にスバル インプレッサG4を買い物や通勤だけではなく、ドライブや旅行、キャンプやアウトドアへ出かけたいとお考えの方には「中古車のカーリース」はピッタリの選択と言えるでしょう。

 

現行モデルは2016年発売ですので、先代モデルも合わせて中古車の流通量も増加中でコスパも高くおすすめの1台です。

そこで今回はスバル インプレッサG4の中古車カーリースをご紹介します。

 

スポンサードサーチ

はじめにスバル インプレッサG4をご紹介

 

出展:スバルインプレッサG4公式サイト

スバル インプレッサG4は現在新車で販売されているのは2016年発売の5代目モデルですが、先代モデルより5ドアモデルが「インプレッサスポーツ」、4ドアセダンタイプが「G4」とネーミングされています。

出展:スバルインプレッサG4公式サイト

現行型のインプレッサG4はスバルの新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」を始めて採用して衝突時の安全性と走りの安定性も大きく向上させています。

その新しいプラットフォームを採用した車体には1.6Lと2.0Lの2種類の水平対向エンジンが搭載され、組み合わされるトランスミッションは全車リニアトロニックと呼ばれる、こちらもスバル独自の金属ベルトの代わりにチェーンを使用したロスが少なく、ダイレクト感のあるCVTオートマチックです。

そのリニアトロニックなどの燃費向上技術により、JC08モード燃費は1.6L車で16.2〜17.2km/L。2L車でも15.1〜16.0km/Lと良好な数値を実現しています。

 

出展:スバルインプレッサG4公式サイト

また安全装備は他社に先立ち衝突回避ブレーキを採用したスバルですので、最新の運転支援システム・アイサイトを搭載すべてのタイプに標準装備していますので安心です。

このような魅力を持つインプレッサスポーツはやはりカーリースでも新車・中古車を問わずに人気車種となっています。

そこでインプレッサG4の中古車のカーリースの料金や走行距離、年式などをチェックしてみましょう。

 

定額ニコノリパックのインプレッサG4の中古車カーリース

定額ニコノリパック中古車の特徴

  • 契約期間は1~7年
  • 各種税金やメンテナンスもコミコミ
  • リース契約満了後にクルマがもらえる
  • 契約前に在庫店舗で実車が見れる
  • 初期費用0円でOK
  • 毎月の支払いは銀行引き落とし
  • 頭金やボーナス支払いも選べる(無しでもOK)
  • 契約満了でクルマをもらえば走行距離制限ナシ
  • 申込から納車までオンラインで出来る

定額ニコノリパック中古車は自動車税やメンテナンス費用などがコミコミで契約期間満了時にはクルマがそのままもらえますので長くインプレッサG4に乗りたい方にはぴったりです。

公式サイトには厳選された状態の良いインプレッサG4が掲載されています。

 

 1. インプレッサG4 1.6i-L 2012年式

  • 年式:2012年
  • 走行距離:47,000km
  • 契約期間:7年(最後はもらえます)
  • 車検整備付 ETC Bluetooth接続 キーレス 盗難防止システム

※全て消費税込み

■ボーナス併用

  • 毎月:8,800円
  • ボーナス加算:64,900円(税込・年2回)

 

■毎月均等払い(ボーナス加算ナシ)

  • 19,690円

料金は上記の通りです。※2021年11月25日現在に在庫していたインプレッサG4の金額です。

 

中古車リース車両は常に入れ替わります。

今回調査を行った2021年11月25日には1台のインプレッサG4の中古車のリース車両が掲載されていました。

インプレッサG4は扱いやすさとスタイリングの良さなどから人気ですので入荷すると売約済みとなるのも早いようです。

中古車は新車のようにグレードやボディカラーなどが自由に選べませんのでお気に入りが見つかった場合はなるべく早めの申し込みがおすすめです。

 

気になる料金はボーナス無しの均等支払いの金額が毎月2万円くらいのようです。

毎月2万くらいの定額支払いだけで、最後は車がもらえて自分の物になるのは嬉しいポイントです。

しかし、安いからと言ってクルマの程度が悪いことは無く、以下の条件を満たしている厳選されたクルマのみですので安心です。

  1. 走行距離8万キロ以下
  2. 国交省認定工場で112項目を点検済み

またリース期間中には基本料金に以下の費用が含まれています。

  1. 車両本体代
  2. 車検基本費用
  3. 登録諸費用
  4. オイル交換(半年ごと)
  5. 自動車税
  6. 自賠責保険
  7. 車両保証

 

定額ニコノリパック中古車は以上のような内容であることからおすすめしたいのは

  1. 将来のためにお金を残しておきたい人
  2. 自動車の維持費を明確にしたい人
  3. メンテナンスも全て任せたい人

この3つの中で1つでも当てはまるのであれば、定額ニコノリパック中古車が向いているといえそうです。

しかし気になるのは新車との料金の違いですね。

 

実は先に答えを言ってしまうと、上記のような新車に近い、状態の良い中古車と新車ではあまり料金に違いはありません。

また契約期間などによっては新車の方が毎月の支払額が安くなることもあるのです。

 

 

定額ニコノリパックの新車のインプレッサG4はいくら?

 

定額ニコノリパックの主力はやっぱり新車のカーリースです。

その新車カーリースではインプレッサG4はどのくらいの料金で乗れるのでしょうか?

中古車のカーリースとどのくらい差額があるのか気になるところです。

 

定額ニコノリパックの新車カーリースは中古車とはシステム・内容が違いますので直接の比較は出来ませんが参考までにご紹介します。

新車では中古車と同じようにクルマがもらえる「もらえるパック」と一般的なカーリースと同様に終了後は返却するタイプの「標準パック」の2種類があります。

インプレッサG4の新車カーリース料金

 

インプレッサG4 1.6i-L EyeSight

 

インプレッサG4の新車カーリース料金をご紹介します。

 

※グレードは1.6i-L EyeSight

もらえるパック9年リース(税込)

◇ボーナス併用払いの場合
月額:22,000円
ボーナス月加算額 :60,060円×18回

◇月々均等払いの場合
月額:32,010円
ボーナス月加算なし

 

標準パック5年リース(税込)

◇ボーナス併用払いの場合
月額:22,000円
ボーナス月加算額 :132,660円×10回

◇月々均等払いの場合
月額:44,110
ボーナス月加算なし

 

以上のように9年契約では契約期間は長くなりますが、月々均等払いの場合でも新車が毎月32,010円だけで乗ることが出来ます。

ボーナス無しの均等払いで比べると契約年数は違いますが毎月の支払額は中古車と比べると差額は1万2千円位です。

しかし、今回ご紹介させていただいたインプレッサG4の中古車は走行距離も5万キロに近く、新車からもうすぐ10年を経過します。

 

それに対して新車カーリースの車両は当たり前ですが、誰も使用していないピカピカな車両です。

また、今後の故障のリスクなども考えると1万円ちょっとで新車に乗れるなら悩むところですね。

新車も、もらえるパックですので契約期間満了後はクルマがもらえるのは中古車カーリースと一緒です。

公式サイトでじっくり比較してみて下さい。

\定額ニコノリパック公式サイト/

まとめ

定額ニコノリパックの中古車カーリースは厳選された上質な中古車のみを使用したカーリースで中古車カーリースならではの料金の安さで注目を集めています。

また、定額ニコノリパックの新車カーリースも今回のインプレッサG4なら毎月32,010円という料金で最新の安全装備が搭載され、故障の不安もほぼ無い新車に乗ることが出来ます。

公式サイトでは料金が分かりやすく掲載されているので一度、比較検討してみてはいかがでしょうか。

分からないことはLINEで気軽に質問できますので自動車のことがよく分からないという方でも安心です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

\定額ニコノリパック公式サイト/

定額ニコノリパック

≫ 参考:【定額ニコノリパック】申込~審査やデメリットまでまるわかりガイド

≫ 参考:インプレッサG4のカーリース料金を比較3年5年7年~で月いくら?

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, スバル, 中古車購入, 定額ニコノリパック, 車種別, , , , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人向けカーリースなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます