オリックスカーリース・オンライン カーリース コスモMyカーリース

カーリースは楽天で申し込みが断然おすすめ?高額ポイントをGET!

2019年3月26日

カーリースの申込みは店舗で出来るところもありますが、現在の主流はweb申し込みです。

申し込みたいリース会社が決まったら、その公式サイト(ホームページ)から申し込みます。

店舗に行かなくても24時間自分の都合で申し込めますから便利ですよね。

 

でも、リース会社によっては楽天市場からも申し込みが出来ることをご存知でしょうか?

この、楽天市場からの申込み、ただ窓口が増えただけではなく、とてもお得になるのです。

申込みの窓口を変えるだけでお得になるので、それを知っている人は楽天経由で申し込んでいます。

 

スポンサードサーチ

楽天でカーリースを申し込むメリット

楽天からカーリースの申込み・契約をすることでお得になる他にも様々なメリットがあります。

具体的な内容を見て行きましょう。

 

楽天スーパーポイント+ボーナスポイントがもらえる!

楽天でカーリースを申し込むと、公式サイトには無いポイントがもらえるためにお得になります。

楽天市場はアマゾンなどと並ぶ日本最大級のネットショッピングサイトですので、利用したことがある方も多いのではないでしょうか?

もらえるポイントは1ポイント=1円でお買い物などに利用出来ますの実用的でうれしい特典ですね。

 

もらえるポイントは2種類で、一つは申し込んだ車の車両価格の1%

楽天スーパーポイント」としてもらえます。

そして、もう一つもらえるのが車両価格によって変わる

ボーナスポイント」です。

ボーナスポイント

  1. 車両価格100万円以上150万円未満:10,000ポイント
  2. 車両価格150万円以上200万円未満:20,000ポイント
  3. 車両価格200万円以上300万円未満:30,000ポイント
  4. 車両価格300万円以上:50,000ポイント

たとえば170万円の車のカーリースを申し込むと楽天スーパーポイントは、

170万×1%=17,000ポイント

そして、ボーナスポイントは150万円以上200万円未満ですので20,000ポイントとなり、

17,000+20,000=37,000ポイント=37,000円がもらえることになります。

車両価格が170万円万円といえば軽自動車やコンパクトカークラスですが、そのクラスでもこれだけのポイントがもらえるのです。

これだけでも楽天からの申し込みを選ぶ価値がありますね。

 

楽天からの申し込みは安心でかんたん

自動車のリースですから高額な申込みなのですが、申し込みの作業自体はいつも楽天でお買い物をする時とほぼ一緒ですので簡単に申し込めます。

また、初めて訪れる公式サイトなどよりも見慣れた楽天から申し込むほうが精神的にも安心です。

 

数社を比較してぴったりのカーリースが選べる

楽天市場のカーリース会社は1社ではなく数社が参入していますので、ご自分に合った期間や料金、車種などを比較検討してから申し込むことが可能です。

カーリース会社によってプラン内容なども微妙に違いますので、じっくり検討してみましょう。

 

リース会社は一流企業のために安心

前述の通り、慣れ親しんだ楽天からの申し込みですから安心ですが、楽天から申し込めるカーリース会社はどれも、誰もがご存知の一流企業の運営です。

  • オリック自動車:オリックス
  • コスモ スマートビークル:コスモ石油
  • 日本カーソリューションズ:日本電信電話株式会社(NTT)出資
  • 住友三井オートサービス:三井住友ファイナンシャルグループ

聞いた事のない企業で数百万円のリース契約をするよりも安心ですよね。

 

カーリースが人気上昇中の理由

近頃はカーリースの利用者が急増中で、登録される新車の10台中1台以上がカーリースの車というのが現状です。

これだけ多く新車が登録されているカーリースなのになぜ気付かないかといえば、カーリースの車のナンバーはレンタカーの「わ」ナンバーのような直ぐに借りていると分かってしまうものではなく、購入したのと同様の普通のナンバープレートなので言わなければ分からないのです。気付かないだけで、周りはカーリースのクルマだらけなのですね。

でも、どうしてカーリースは増えているのでしょうか?

頭金なしで月々定額で新車に乗れる

カーリースのCMやチラシの宣伝などで良く言われているのが、

頭金なしで月々定額で新車に乗れます!ということですね。

カーリースのメリットのひとつがこの頭金のような「まとまったお金」が必要が無いことです。初期費用が必要ないということですね。

新車をローンで購入すると、一般的には購入価格の2~3割の頭金を最初に支払うことになります。

しかし、まとまったお金を用意することが出来ない方や貯金があっても一気に減ってしまうと何かあった時に不安と感じてしまう方、特に子供がまだ小さい子育て世代の夫婦や、年金収入で生活をされている方は頭金の支払いの必要が無く、毎月ご自分の出来る範囲で支払いが出来るカーリースがニーズに合っているのでしょう。

 

税金などが含まれ支払いがフラット

カーリースの月々の料金いは新車の登録に必要な費用や毎年支払う必要のある「自動車税」や車検時に支払う「自賠責保険料」と「重量税」までが含まれていますので税金を支払う時期が来ても支払い金額はいつも通りの定額のままです。

車検の時にも自賠責保険料と重量税が含まれていますので大きな出費の準備をする必要は無く、さらにメンテナンスパックに加入すれば車検や普段の消耗品の交換などが全てお任せ出来て月々の支払いもフラットにすることが可能になり家計の見通しも良くなります。

クルマに関するお金の出費の変化が無く、消耗品の交換や車検の期日の管理まで全てお任せ出来るのでカーリースの契約者の多くがメンテナンスパックに申し込んでいます。

 

ローンで購入するよりも支払い総額が安くなる

個人の人向けのカーリースの多くは「残価」が設定されています。

残価とはリースが終わった時の予想される下取り金額のことで、カーリースの料金は車両価格から残価を引いた金額を分割して支払います。

ローンで購入すれば車の代金を全てを支払わなければなりませんが、カーリースは残価を引いた分を支払うことになるので支払い総額が安くなります。

そのため、カーリースではローンで購入するよりもクルマのグレードを上級なものにしたり、ワンランク上の車種を選ぶことも可能になります。

 

楽天で申し込めるカーリース会社4社を紹介

楽天市場から申し込めるカーリース会社は現在4社が利用出来ますのでしっかり比較してご自分にぴったりな会社やプランを選んで、ポイントもゲットしましょう!

 

オリックスカーリース(オリックス自動車)

オリックスカーリースは国内最大手のカーリース会社です。

オリックスカーリースの契約期間は5年いまのりくん、7年いまのりセブン、9年いまのりナイン の3種類で5年契約以外はリース期間が終わるとクルマがもらえます。

またリース期間中も条件付で乗換え・返却が解約金無しで可能で、5年契約は2年経過後、7年と9年ではリース終了の2年前から乗換え・返却が出来るようになります。

全ての期間に自動車税、重量税、自賠責保険が含まれて、リース期間分の車検無料クーポンも特典でもらえますので、期間中の維持費も安く抑えることが出来ます。

詳細:オリックス自動車

>> 参考:オリックスカーリースの審査申し込み方法は3つある?知らないと損?

 

コスモ スマートビークル

コスモ石油のカーリースがコスモMyカーリース・スマートビークルです。

コスモ スマートビークルは支払い方法や走行距離制限などの「選べる」部分が他社と比較すると非常に多いために理想に近い「わがまま」なプランの作成が可能です。

メンテナンスパックの内容も充実していて、契約者の多くが加入するフルメンテナンスのゴールドパックは車検代やタイヤ交換、バッテリー交換などの高額な消耗品まで含まれまれ、全国展開のスタンドのネットワークを利用したロードサービスが受けられるのも特徴です。

また、車検をはじめ消耗品の交換などのメンテナンスなども、いつものコスモ石油のガソリンスタンドで全てお任せで依頼できますので、わざわざ指定された修理工場までクルマを運ぶ手間も時間も必要なしです。大切な時間を奪いません。

そして、ガソリンスタンドならではの業界唯一のメリットが燃料の割引サービスです。メンテナンスパックの種類によって割引額が違い、ゴールドパックではリース期間中ずっと5円/Lの値引きが続きます。

詳細:スマートビークルショップ

 

住友三井オートサービス

住友三井オートサービスの個人向けカーリースがCarsmaプラスで5年のCarsmaプラス5と7年契約のCarsmaプラス7の2種類から契約期間を選びます。

Carsmaプラスの特徴の一つが標準で含まれるディーラー純正オプションが豪華なことで、Bluetooth対応のナビやETC、バックカメラ、サイドバイザーにフロアマットまで料金に含まれています。

またメンテナンスパック加入無しでエンジンオイル(エレメント含む)交換やブレーキフルード交換と車検の基本工賃まで含まれて、自動車税や自賠責保険料に重量税ももちろん含みますのでリース期間中の維持費も安く済みそうです。

リースの終了後はクルマをもらうか、返却してキャッシュバックを受けるかを選ぶことが出来ます。

詳細:住友三井オートサービス株式会社

 

日本カーソリューションズ株式会社

東証一部上場の東京センチュリー(株)とNTTが出資するカーリース会社が日本カーソリューションズ株式会社です。

個人向けのカーリースは「リースDeマイカー」で展開され、期間は5年、7年、9年ですが3年などのご希望があれば問い合わせて相談することも出来ます。

リース料金には登録費用などの他にリース期間分の自動車税や重量税、自賠責保険料も含まれ、楽天の申込み特典として車検基本費用とおすすめする部品の交換をセットにした「らくらく車検」もセットされます。

リース車の登録日から1年間で1件の事故に限り、お客様負担1万円で最大10万円までの修理費用を保証してくれる「ミスルくん保証」もセットされますので初心者の方や運転に自信がない方も安心です。

※対象となるのは偶発的な自損事故または相手のわからない偶発的な事故に限られています。

詳細:日本カーソリューションズ株式会社

 

まとめ

楽天でカーリースを申込み・契約するメリットとカーリース4社を紹介させていただきました。

近頃はカーリース会社も増えてどれを選んで良いか分からなくなってしまいますが、今回紹介させていただいた楽天の4社であればどれを選んでも契約後に不満に思うことはないと思います。

しかし、更に満足するためにしっかり比較してご自分に合ったカーリース会社とプランを探してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

オリックスカーリース・オンライン, カーリース, コスモMyカーリース,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ