カーコンカーリースもろコミ カーリース コスモMyカーリース マツダ 定額カルモくん

カーリースでマツダ車に乗ろう!おすすめの3社の料金は月々いくら?

2019年6月22日

マツダは国産車の中でも個性的で美しいデザインやクリーンディーゼル、ロータリーエンジンなど洗練された独自性の高い技術とデザイン性を持つ自動車メーカーとして世界中で評価されています。

国内では他のメーカーと比較して、マツダはプレミアムブランドとしてのポジション築き上ています。

そんなマツダ車にお得に乗る方法としてカーリースを選択する人が増えています。

そこで、今回はカーリースで人気のマツダ車に乗る方法と人気車種の料金をご紹介します。

 

スポンサードサーチ

マツダの人気車種を取り扱う3つのリース会社と料金

 

マツダはオープンスポーツカーのロードスターからSUVまで幅広く個性的にラインナップしていますのでカーリースでも人気で各社でも取り扱いがありますが、その中でもおすすめのカーリース会社3社をご紹介します。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部)

カーコンビニ倶楽部のカーリースがカーコンカーリースもろコミで、1番の特徴がリース期間の終了まで乗ることでクルマがそのままもらえることです。

カーコンカーリースもろコミの契約期間は7年と9年の2種類と少なめなのですが、7年契約ではリース開始から5年を経過するとクルマの返却や乗換えが自由に出来るようになるため、実質的に5年間の利用も可能です。9年契約もリース開始から7年を経過すると同じように返却や乗換えが出来ます。ただし7年契約と9年契約共に、途中で返却や乗換えをした場合はクルマがもらえる対象ではなくなりますので注意が必要です。最後まで乗ることでクルマがもらえるようになります

カーリースには走行距離の制限があるのですがカーコンカーリースもろコミでは月間走行距離の上限が2,000キロと業界最長クラス、年間では24,000キロも走れます。さらにリース期間満了まで乗った場合は走行距離の請願は関係なくなり、走り放題で、超過料金が請求されることもありません。

 

また7年契約のみ「特選車」というお得なクルマが用意されています。特選車はメンテナンスパックやナビ、ETCなどがセットになったアクセサリーセット、ドライブレコーダー、希望ナンバーが料金据え置きでセットされています

また、全てのプランに自動車税と車検時に支払う自賠責保険料重量税まで含まれ、さらに車検の基本料金も含まれていますので、維持費も安く済ませることが出来るのもカーコンカーリースもろコミの特徴です。

 

マツダ デミオ  

 

マツダの1番コンパクトな車種がデミオで、4代目の現行モデルはコンパクトサイズながら伸びやかなマツダらしい美しいデザインとスカイアクティブテクノロジーによるレベルの高い基本性能が特徴です。

個性的で美しいデザインは近年のマツダ車に共通のデザインテーマである「魂動(こどう)デザイン」が採用され、同様にインテリアのデザインも質感の高い仕上がりです。

搭載されるエンジンは1.5Lですが、ガソリンエンジンのほかにクラス唯一のマツダが世界に誇るディーゼルエンジンも用意されています。

JC08モード燃費はガソリン車はWLTCモードで17.2〜19.8km/L、ディーゼル車はJC08モードで22.8〜30.0km/Lと良好な数値を実現しています。

7年契約

■デミオ  XD ツーリング Lパッケージ(ディーゼル車)

  • 均等支払い:月額38,016(税込)
  • ボーナス併用払い:月額15,120(税込)ボーナス加算額:123,768円(税込)年2回
9年契約

■デミオ  XD ツーリング Lパッケージ(ディーゼル車)

  • 均等支払い:月額 32,724(税込)
  • ボーナス併用払い:月額15,120(税込)ボーナス加算額:94,608円円(税込)年2回

※ XD ツーリング Lパッケージは上質なレザーシートを備えた、ディーゼルエンジン最上位モデルです。

 

マツダ CX-5

2012年に登場したCX-5はスカイアクティブDと呼ばれるクリーンディーゼルエンジンをマツダらしいスタイリッシュなSUVボディに組み合わせて大人気となりました。

2代目となる現行のCX-5は2017年の発売で「魂動(こどう)デザイン」を細部にわたってさらに美しく磨き上げ、より力強く上質な仕上がりになっています。

搭載されるエンジンはガソリンとディーゼルを合わせて4種類。中でも2.2Lディーゼルターボ車はWLTC モード燃費がAT車で16.6〜17.4km/Lとボディサイズからは想像できない数値を実現しています。

トランスミッションは他社では主流のCVTではなく、トルクコンバーター式の6速ATを採用しているのがマツダらしいところです。

もちろん全グレードに先進の運転支援システムが搭載されていますので安全面も安心です。

7年契約

■CX-5 (ディーゼル車)

  • 均等支払い:月額51,408(税込)
  • ボーナス併用払い:月額27,000(税込)ボーナス加算額:146,448円(税込)年2回
9年契約

■CX-5 (ディーゼル車)

  • 均等支払い:月額44,172(税込)
  • ボーナス併用払い:月額27,000(税込)ボーナス加算額:103,032円(税込)年2回

 

コスモMyカーリース・スマートビークル(コスモ石油)

コスモMyカーリース・スマートビークルは契約期間が3年、5年、7年の3種類と走行距離制限も月間500キロ、1,000キロ、1,500キロから選べて、支払い方法も均等払いの他に頭金の支払いやボーナス併用支払いも選べますので、それぞれのご都合に合わせたプラン作成が可能です。

また、クルマの整備やメンテナンスをセットにしたメンテナンスパックもメンテナンス無しの「ホワイトパック」、簡易メンテナンスのシルバーパック「シルバーパック」、フルメンテナンスが出来る「ゴールドパック」の3種類が選べますのでメンテナンスをご自分や知り合いの整備工場で行う方から、車に関することはプロに全ておまかせしたい方にも対応が可能です。

特にゴールドパックはガソリン代5円/L値引きをリース期間終了までずっと受けることが出来、さらに全国のコスモス石油のネットワークを利用したロードサービスまで受けることが可能です。

シルバーパックとゴールドパックには月々のリース料金の中に自動車税と車検時に支払う自賠責保険料重量税まで含まれますが、ホワイトパックに含まれるのは自動車税のみですので注意が必要です。

コスモMyカーリース・スマートビークルはマツダ車も全車種、全グレードから選ぶことが出来ます。

 

マツダ アテンザセダン

 

 

マツダの最高級フラッグシップセダンがアテンザです。

堂々と伸びやかで国産セダンの中でもひときわ美しいデザインは「魂動デザイン」が採用され、その美しいデザインをさらに際立たせているのがマツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」です。

「匠塗 TAKUMINURI」の質感はまさに熟達した職人の手塗りにも迫るものです。

搭載されるエンジンはガソリンが2Lと2.5L、ディーゼルが2.2Lの3種類が用意されています。

2018年のマイナーチェンジではフロントデザインが変更され、よりワイドで低く安心感のあるものに仕上がっています。

■アテンザセダン20S PROACTIVE 2000cc 2WD A/T

■JC08モード燃費:16.6㎞/ℓ

※全て税込

3年契約
  • ホワイトパック:81,972円
  • シルバーパック:84,132円
  • ゴールドパック:87,372円
5年契約
  • ホワイトパック:58,752円
  • シルバーパック:61,992円
  • ゴールドパック:65,232円
7年契約
  • ホワイトパック:48,708円
  • シルバーパック:52,488円
  • ゴールドパック:55,728円

 

マツダ CX-8

 

マツダの国内で販売されるSUVの中で最上級のモデルがCX-8です。

全長4M90cmの大きなサイズのボディには3列目のシートも備えられミニバン的にも利用出来るたっぷりとした室内空間が魅力です。

CX-8は一回り小さいミドルサイズSUVのデザインによく似ていますが、CX-5のサイズを拡大してわけではなく、ベースとなっているのは北米市場で販売されているCX-9というモデルで、日本で持て余さないギリギリのサイズに変更が加えられています。

搭載されるエンジンは2.2Lディーゼルターボと2.5Lガソリン、2.5Lガソリンターボの3種類で6速ATと組み合わされています。

■CX-8 25S プロアクティブ 6人乗り

■JC08モード燃費:13.4㎞/ℓ

※全て税込

3年契約
  • ホワイトパック:84,024円
  • シルバーパック:86,292円 
  • ゴールドパック:91,368円
5年契約
  • ホワイトパック:62,100円
  • シルバーパック:65,448円
  • ゴールドパック:70,524円
7年契約
  • ホワイトパック:53,460円
  • シルバーパック:57,348円
  • ゴールドパック:62,424円

 

定額カルモくん

定額カルモくん

定額カルモくんは契約期間が1年から9年まで1年刻みで契約が出来ますので、期間限定で1年だけクルマを利用したい人からマイカーとして長期でも幅広く対応が可能です。

その中でも、7年以上の契約で軽自動車とコンパクトカーであれば、月々のリース料金にオプション費用を加算すればリース契約終了後はクルマがそのままもらえる「もらえるプラン」が近頃追加されて好評です。

クルマの整備、メンテナンスがリース料に含めることが出来るメンテナンスパックは上記コスモMyカーリース・スマートビークルに似た構成で、メンテナンス無しの「ホワイトプラン」、簡易メンテナンスの「シルバーメンテプラン」、フルメンテナンスの「ゴールドメンテプラン」の3種類が用意されています。

どのメンテナンスプランを選んでも自動車税と車検時に支払う自賠責保険料、重量税が含まれていますのでメンテナンス無しのホワイトプランであっても車検時の負担が少ないのも特徴です。

 

マツダ CX-3

 

マツダCX-3はデミオをベースとしたコンパクトなSUVです。

デザインはマツダの「魂動」デザインを採用したもので、CX-5やCX8と共通するものですが、全高を1550mmに抑えてあるために多くの立体駐車場も利用が可能です。

エンジンはガソリンが2L、ディーゼルが1.8Lとデミオよりも排気量の大きなものが搭載されています。組み合わされるトランスミッションは6速ATのほかに、一部を除いて6速マニュアルシフトも選ぶことが出来るのが特徴です。

2018年の改良でフロントグリルやホイールのデザインも変更され、よりシャープで質感も向上しています。

■CX-3 20S プロアクティブ  A/T (ガソリン車)

■WLTCモード燃費:20.2㎞/ℓ

※全て税込

3年契約
  • ホワイト:60,912円
  • シルバー:65,192円 
  • ゴールド:66,092
5年契約
  • ホワイト:47,844
  • シルバー:52,124
  • ゴールド:53,024
7年契約
  • ホワイト:42,552
  • シルバー:46,332
  • ゴールド:47,232
9年契約
  • ホワイト:36,072
  • シルバー:39,852
  • ゴールド:40,752

 

マツダ ロードスター RF

 

4代目となるマツダロードスターの追加モデルとして2016年に登場したのが「DF」です。

ロードスターRFのRFとはリトラクタブルハードトップの意味で、ハードトップの屋根が電動でわずか13秒でオープンするのが1番の特徴です。

ベースとなったロードスターとは異なり、オープン時もリアウインドなどが残るスタイルも個性的です。

搭載されるエンジンはベースのロードスターが1.5Lであるのに対し、RFでは2Lのパワフルなエンジンがが搭載されています。組み合わされるトランスミッションは6速マニュアルと6速ATでRSグレードのみ6速マニュアルのみの設定です。

■ロードスター RF S 6MT

■■WLTCモード燃費:15.8㎞/ℓ

※全て税込

※ロードスターRFにはメンテナンスパックの設定がありません。

3年契約

月額:80,568円

5年契約

月額:61,776円

7年契約

月額:54,000円

9年契約

月額:49,464

 

カーリースの特徴と仕組みを知ろう!

カーリースがお得に乗れる仕組みやカーリースの特徴についてざっくりと説明しましょう。

カーリースは、レンタカーのようにクルマを一定期間契約して借りることの出来るサービスですが、レンタカーと違って契約期間が3年や、長期では9年と長いのが特徴です。

そのため、リース期間中は自家用車を購入するのと同様に自由に利用出来て、車検証の「使用者」のところにも契約者の名前が入ります。ちなみに、車検証の「所有者」のところはリース会社の名前が入りますので、リース会社がクルマの持ち主で契約者はクルマを借りている立場となります。

カーリース会社から借りるクルマはリース契約が結ばれるとその時点で新車を自動車販売会社(カーディーラー)に発注して貸し出しますので、契約者はオプションも含めて車種やグレード、ボディーカラーなどを現金やローンで購入するのと同じように自由に選べるのも特徴で、クルマのナンバーもレンタカーのような「わ」や「れ」ではなく普通のナンバーです

 

そして、カーリースは現金一括やローンでの購入と違い、まとまった頭金なしで月々定額料金のみで新車に乗れるのも個人の利用者が急増している理由の一つです。

今は頭金を準備できない、頭金程度の貯金があっても一気に残高が減ると、何かあったときのことを考えると心細いと感じてしまうような方でもカーリースなら頭金不要ですので安心です

 

その、月々均等支払いの料金には車両本体以外にも、毎年支払う必要がある自動車税や、車検のときに毎回支払う自賠責保険料や重量税までが含まれているリース会社が多く、さらにリース会社や選択可能なプランなどによっては消耗品の交換や点検整備費用、車検の基本料金まで含まれていることがあります。

このようにカーリースは月々の支払いの中にクルマを所有していると必ず支払いが必要な各種費用が含まれていることが多いため、急な出費の心配がほぼ無く、支払いがフラットになるメリットがあります。車検や自動車税の支払いが近づいても事前に費用を用意する必要もなく、家計の見通しも良くなります。

クルマを購入した場合にはその都度支払いが必要になりますので、上記のように維持費の管理が楽な点はカーリースだけのメリットです。

 

なぜカーリースは安いの?

新車を購入しようとするならほとんどの方が銀行やディーラーのオートローンを利用しようと考えるのではないでしょうか?

しかし、ローンでクルマを購入するよりもカーリースのほうが支払いの総額が安いことをご存知でしょうか?

カーリースでは「残価」というものが設定されています。

残価とはカーリースの期間が終了した時のクルマの査定額を予想した価格のことで、カーリースの料金はあらかじめ車両価格から残価を値引きした金額をベースに決められます。

つまり、カーリースでは車両価格の全部ではなく、残価を引いた分だけ支払えばよいのです。

これに対してローンで新車を購入した場合は購入価格の全てを支払う必要がありますので、支払い総額はカーリースの方が安くなるのです。

 

しかし、ローンでは支払いが終わるとクルマは自分のものになりますが、カーリースではリース期間終了後は返却するのが基本ですので、自分のものにならないのをデメリットであるといわれることがあります。

これについては近頃は、今回紹介したカーコンカーリースもろコミ定額カルモくんの「もらえるプラン」のようなリース終了後にクルマがそのままもらえるカーリースも登場していています。

 

カーリースでマツダ車に乗るまとめ

 

今回は人気のマツダ車にカーリースで乗ることをおすすめして、料金なども紹介しました。

カーリースなら頭金なし、ボーナスの加算なしで月々の均等支払いのみでマツダの新車に乗ることが可能です。

その料金の中に自動車税や車検のときの費用も含まれていますので、今回のような個人向けのカーリースの利用者が増えているのも納得です。

 

新車を購入するのは頭金を用意するのが難しく、ボーナス支払いも大変そうだけど、だからといって中古車は安全性や故障が心配だから抵抗があるとお考えの方にはカーリースがおすすめです。

リース終了後にはクルマがもらえるカーリースも利用出来ますので一度検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーコンカーリースもろコミ, カーリース, コスモMyカーリース, マツダ, 定額カルモくん, , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ