カーコンカーリースもろコミ カーリース 定額カルモくん

カーリースは免許取り立てでも大丈夫?初心者におすすめのリース会社

2019年7月15日

運転免許を取得中または運転免許を取り立ての方なら、どのように初めてのクルマを手に入れるかお悩みではないでしょうか?

「新車よりも慣れるまでは中古車のほうがいいの?」

「ローンの頭金はどのくらい必要なの?」

以前は新車または中古車をローンなどで購入するのが唯一のマイカーを入手する方法でしたが、近頃ではまとまった頭金なしで月々の均等支払いのみで新車に乗れる手軽さからカーリースが人気を集めています。

でも、免許取立ての初心者がカーリースを利用しても大丈夫なのでしょうか?また免許取立てのドライバーにおすすめのカーリースはあるのでしょうか?

 

スポンサードサーチ

カーリースは免許取立てでも契約できる?

 

カーリースは3年や5年などの期間を決めてクルマを借りることが出来るサービスですが、同じようなクルマを借りるサービスである「レンタカー」や「カーシェアリング」の中には自動車運転免許の取得から1年未満では利用が出来ないこともあります。

 

では、カーリースはどうかというと一般的にそのような制限は無く運転免許を取得したばかりの初心者の方でも問題なく申し込むことが出来ます。

しかし、未成年である場合は連帯保証人が必要になります。また学生や専業主婦、年金生活者やアルバイトの方、勤続が1年未満の方などは安定した収入がある方に連帯保証人になっていただく場合があります。

一見厳しく感じるかもしれませんが、カーリースは無職であっても安定した収入がある連帯保証人を付ければ申し込みができますので契約前に行う審査はローンよりも甘いものです。

 

カーリースとローンはどちらが安い?

結論から先に言わせていただくとカーリースはローンよりも支払い総額が安くなります

その仕組みはカーリースの料金の仕組みに隠されているのです。

カーリースはグリーンの部分だけの支払いでOK

カーリースには「残価」が設定されています。

残価とはカーリースの終了する時のクルマの査定額がいくらになるのかを過去のデータなどから予測した金額です。

そしてカーリースでは車両価格からその残価をあらかじめ値引きした金額をベースにしてリース料金を決定するのです。

例えば200万円のクルマの5年後の価値(残価)が50万円であると予測すれば、

 

200万円ー50万円(残価)=150万円

 

このように契約者は150万円に税金や手数料などが加算された金額を分割して支払うことになります。

 

つまり、カーリースは車両価格の全部ではなく残価を値引きした分だけ支払えばよいのです。

 

 

ローンは購入価格の全額を支払います。

これに対してローンでの支払いはクルマの購入価格の全てを分割支払いしなければなりません。

そのため支払い総額は全額支払いの必要のないカーリースがローンよりも安くなるのです。

中古車は注意が必要です

単純にクルマを安く手に入れるのであれば中古車が1番であるのは間違いありません。

しかし中古車は前所有者が使用した中古ですので心配なのが消耗品の交換時期や故障です。タイヤなどの目に見える消耗品は誰でも交換時期が分かりますがその他の消耗品の中には前所有者の運転のしかたで交換時期が変わるものがあります。そのため身近に車に詳しい方がいる方や知り合いの整備工場があるような方であれば中古車もおすすめです。

しかし、それ以外の環境の方はほぼ故障の可能性が無く、登録から数年間は修理などの手間の掛らない国産の新車がおすすめです。

 

ローンで購入する場合の頭金の相場はいくら?

カーリースはまとまった頭金が無しでも月々の均等支払いのみで新車に乗ることが出来るのが特徴です。

しかし、ローンで購入する場合には全額ローンも不可能ではありませんが、一般的には頭金の支払いが必要で購入価格の20~30%くらいが相場となります。

つまり200万円のクルマの場合は40~60万円を頭金として支払う必要があるのです

 

このようにローンで購入するためにはこのようにまとまった頭金が必要になりますが、頭金を支払うことでメリットもあります。

メリットの一つは頭金を支払うことで購入価格の200万円に対してローンの申込み金額が160~140万円に減額しますのでローン審査のハードルが少し低くなることです。

また借りる金額が少なくなれば金利の負担も少なくなりますので、支払い総額が少なくなるメリットもあります。

 

しかし、頭金を支払える預貯金があっても何かあったときのことを考えると残高が60万円も一気に減ってしまうことには不安に感じてしまう方も多いようです。

特に子育て世代の方や年金生活の方などは今後のことを考えるとなるべく手元にお金を残しておきたいのではないでしょうか?

また、運転免許取りたての方なら自動車学校の費用も支払ったばかりで頭金どころではないかもしれません。

 

免許取りたての方におすすめなカーリース2社を紹介

ローンで購入のネックとなる頭金もカーリースなら0円で定額支払いで新車に乗れるのが魅力です。

でも免許が取り立ての初心者ドライバーが心配なのが、まだ運転に慣れていないから新車をこすってしまって傷をつけてしまうことです。

またローンは頭金が必要で支払い総額が高くても最終的に自分のものになるのにカーリース最後は返却しなくてはならないのが不満な方も多いようです。

 

しかし上記のような不安や不満の心配のない免許取立ての方にもおすすめのカーリースもあるのです。

ここではその条件にぴったりの2社を紹介します。

 

定額カルモくん

定額カルモくん

こすっても安心のカーリース

定額カルモくんは2018年にスタートした新しいカーリースですが利用者目線の特徴あるプラン構成が好評です。

自動車は安全のために定期的に点検と消耗品の交換が必要になりますが、そのような作業をお任せ出来る有料の「メンテナンスパック」が各社で用意されています。

定額カルモくんにもメンテナンスパックは用意され、3種類のメンテナンスパックを有料オプションとして選ぶことが出来ます。

  • ホワイトプラン:メンテナンス契約無し(加算無し)
  • シルバーメンテプラン:簡易メンテナンス(有料)
  • ゴールドメンテプラン:フルメンテナンス(有料)

この中で有料のシルバーとゴールドのメンテプランを選ぶと免許取立ての方には嬉しいある補償が付いてくるのです

その補償が

返却時の現状回復費用補償

です。

むずかしそうな感じですがこの補償、簡単に言ってしまうと

こすって傷が付いても安心な保障

とお考えください。

カーリースではリース期間が終了してクルマを返却した時に傷や凹み、車内の落とすことが困難な汚れが見つかると清算が必要になってしまうことがあり、これがカーリースのデメリットとも言われています。これは普通にクルマを利用していて色あせや劣化、小さな傷程度では清算が必要になることは無いので神経質になる必要はないのですが、うっかりこすってしまい目立つ傷をつけてしまうと清算しなければならないリスクがあるというのは不安なものです。特に免許を取りたてであるならば運転にも慣れていないため余計に心配になってしまいますね。

 

でも定額カルモくんのこの補償があれば清算に必要な費用を軽自動車で15万円まで、その他の車種では18万円まで負担してくれる補償なのです。

このような補償は他社には存在せず、定額カルモくん唯一のものです。そのため定額カルモくんは運転免許を取り立ての初心者ドライバーや、ペーパードライバー暦が長く運転に自信がない方から支持されているカーリースです。

 

このような補償が付いていれば傷を付けてしまうことを恐れてビクビク運転することも無くなり運転中も精神的に余裕が生まれます。

 

クルマがもらえる「もらえるプラン」登場!

こすっても安心な補償があるために免許取りたての方から支持されている定額カルモくんに2019年に新しいオプションが登場してさらに注目を集めています。

そのオプションが「もらえるプラン」で、その名前の通りリース期間が終了するとクルマをそのままもらえるようになるオプションです。

カーリースは最後はクルマを返却しなくてはならない事に不満を感じていた方にもローンで購入するように利用出来て、カーリースですからローンのように頭金は必要なく定額支払いのみでOKです。

 

もらえるプランでクルマがもらえるメリットは自分の物になること以外にもあります。上記の補償が付くメンテナンスパックに申し込まなくてもリース終了後にクルマを返却しないので査定されることが無いために清算が必要になることはありません

またカーリースではリース期間中の走行距離の上限が設定されていて、定額カルモくんでも月間1,500キロに設定されていますが、もらえるプランオプションを利用してクルマをもらえるようにすれば走行距離制限は関係が無くなり走り放題になります。自分のクルマですのでいくら走行しても請求されるわけはないのです。

 

もらえるプランはカーリースのデメリットと言われる、「リース終了後の清算のリスク」と「走行距離制限を超過した時の違約金支払いのリスク」という2つが関係なくなるのが大きなメリットといえます。

 

しかし注意点もあり、定額カルモくんは国産全メーカーの全車種をカーリースできるのですが「もらえるプラン」が利用出来るのは軽自動車全車とコンパクトカーに限られています

免許取立ての方は軽自動車やコンパクトカーを初めての愛車として希望する方が多いのでこちらは問題ありませんね。

 

そして、定額カルモくんの契約期間は最短1年から最長11年まで1年刻みと幅広いのですがもらえるプランは7~11年契約に限られていますのでご注意下さい。

もらえるプラン加算額

  • 7年契約:540円/月
  • 8年契約:432円/月
  • 9年契約:324円/月
  • 10年契約:324円/月
  • 11年契約:324円/月

ダイハツ ミライース参考月額料金

■グレード: L   2WD CVT(オートマチック)

※ホワイトパック料金

※もらえるプラン込み料金

  • 7年契約:17,172円/月
  • 8年契約:15,984円/月
  • 9年契約:14,796円/月
  • 10年契約:14,148円/月
  • 11年契約:13,500円/月

ホンダ N-BOX参考月額料金

■グレード: G・L・Honda SENSING 2WD CVT(オートマチック)

※ホワイトパック料金

※もらえるプラン込み料金

 

  • 7年契約:26,352円/月
  • 8年契約:24,192円/月
  • 9年契約:22,248円/月
  • 10年契約:21,060円/月
  • 11年契約:19,872円/月

 

カーコンカーリースもろコミ

クルマがもらえるカーリース

カーコンカーリースもろコミは契約期間が3年、5年、7年、9年から選ぶことが出来ますが、7年と9年契約では基本料金に加算する必要無く、リース終了後はクルマがもらえるのが特徴です。

また契約特典として「車検無料クーポン」が付いてきますのでリース期間中の車検の基本料金が無料になり、維持費が安く済むメリットがあります。

 

契約期間終了までクルマに乗ることで上記定額カルモくんの「もらえるプラン」と同様にクルマが自分のものになりますので、「リース終了後の清算のリスク」と「走行距離制限を超過した時の違約金支払いのリスク」という2つが関係なくなるのも同様の大きなメリットです。

カーコンカーリースもろコミの7年契約はリース開始から5年経過、9年では7年を経過するとリース期間の途中でもクルマの返却や乗換えが手数料など無しで出来るようになりますが、その場合はクルマがもらえる権利は無くなります。最後まで乗ることが条件になりますのでご注意下さい。

 

また7年契約にのみ「メンテナンスパック」やETC,ナビなどが含まれる「アクセサリーセット」が料金に含まれるお得な「特選車」というクルマが用意されています。

 

ダイハツ ミライース参考月額料金

■グレード: L  2WD CVT(オートマチック)

※ホワイトパック料金

  • 7年契約:16,956円/月
  • 9年契約:14,688円/月

ホンダ N-BOX参考月額料金

■グレード: G・L・Honda SENSING 2WD CVT(オートマチック)

※ホワイトパック料金

※もらえるプラン込み料金

 

  • 7年契約:26,892円/月
  • 9年契約:22,788円/月

 

まとめ

今回は自動車運転免許が取り立ての人に向いているカーリースを紹介しました。

本文の繰り返しになりますが免許が取り立ての人が選ぶカーリースをまとめると

  • クルマをこすったりして傷があっても清算のリスクが無い補償付きを選ぶ
  • もらえるカーリースを選べば傷による清算や走行距離制限が関係ないのでおすすめ

ざっくりですが、この2つを意識して選べば免許取りたての初心者ドライバーでも問題なくカーリースを楽しむことが出来ます。

 

カーリースであればローンでクルマを購入する時の頭金も必要ありませんのでお財布にも優しく、精神的にも楽に初めてのマイカーを楽しめます。

購入をご検討の方もカーリースを一度検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーコンカーリースもろコミ, カーリース, 定額カルモくん, , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ