カーリース クルマの安全 定額カルモくん

新車のカーリース1年や2年だけ期間限定はムリ?短期は中古車だけ?

いろいろな事情で1年または2年間という短い期間だけ車が必要になることがあります。

単身赴任であったり、子供の保育園や習い事の送迎などが代表的なケースです。

そのような場合はクルマを「買う」または「借りる」など、どのようなスタイルで所有すればよいのでしょうか?

今回は短期間のクルマの所有方法の中でも、特に「新車」にこだわって説明します。

 

スポンサードサーチ

1~2年間のクルマの所有方法

1~2年の期間限定でクルマが必要になるということは、その期間クルマを利用すれば不要になってしまうことになります。

そしてクルマを新車または中古車で購入した場合は不用になった車を売却処分する手間と時間が少々必要です。

また短期間ですので車を購入せずに、その間だけカーリースで借りようと考える方も多いはずです。

具体的には以下の3つから選ぶことになります。

  1. 新車購入⇒売却
  2. 中古車購入⇒売却
  3. カーリース⇒返却

このような選択肢の中で1~2年後には不要になるのに1の新車の購入を選ぶ方は少なく短期の利用では割り切って中古車の購入を選択する方が多いようです。

しかし、新車は最新の安全装備が搭載され、故障の心配もなく、中古車のように前オーナーがどのように使用していたか気になってしまうこともないので、大切な人と同乗することが多い方や、清潔好きな方には短期間でも新車をとお考えのようです。

そこで、3のカーリースで新車をリースすれば売却の手間や時間も必要ないために「良いとこ取り」となりそうなのですが、じつは話はそう簡単にはいかないのです・・・

 

カーリースの1~2年契約は中古車のリースばかり?

実際に個人向けに1年契約を行っているカーリースを調べてみると、ほば中古車のカーリースであることに気付きます。

新車のカーリースの多くは最短契約期間が3年からの場合が多く、1~2年契約があるのはほぼ中古車を扱うカーリースです。

その中古車カーリースの中でも代表的なカーリース3社をご紹介します。

ニコリース

ニコリースはその名前からお分かりの通り、レンタカーのニコニコレンタカーと同じ会社が運営するカーリースです。

そしてカーリースで貸し出される車両はニコニコレンタカーで使用された車を利用しているためリース料金が安いのですが新車ではありません。

最短契約期間は2か月で1か月単位で利用でき、1年契約も可能です。

対象となるエリアは関東全域で、埼玉、東京、神奈川に店舗があります。

ニコリース

リボーン・カーリース

リボーン・カーリースも1年契約の出来るカーリースで最短期間は1か月ですが、車は中古車を利用して、点検時の交換部品などはリサイクルパーツを使用するなどしてリース料金を抑えています。

またリース期間中の走行距離の制限が設定されていないために走り放題であることも特徴です。

リボーン・カーリースにはクルマのカテゴリー別に3つのコースがあり、軽自動車を中心で経済的な月額15,000円(税別)の「安心LIFE」、コンパクトカーが中心でリボーン・カーリースおすすめの月額21,000円(税別)の「快適LIFE」、ファミリーカーやカスタムカーなどが月額21,000円(税別)で利用できる「満足LIFE」が用意されています。

リボーン・カーリース

ワンコインリース

1日当たり500円から利用できるのがワンコインリースです。

店舗で販売されている中古車を貸し出す形のカーリースなのですが、年式的に古く、走行距離も多い車両をカーリースしますので1か月16,500円という低価格を実現しています。

またリース車両が気に入った場合は買取することも可能ですので、あらかじめ中古車として購入予定の方が車両の調子を見る試乗としても利用できます。

ワンコインリース

 

中古車を選ぶなら知っておいてほしいこと

カーリースでも、購入する場合でも中古車を選ぶのが車を安く所有する1番の方法であるのは間違いありません。これは新車のカーリースも新車の購入も安さでは勝てません。

しかし、自動車に乗る時に1番気を付けなければならないのは、金額の安さではなく安全性です。

ご存知の通り、近頃のクルマの安全性は日々進化を続けていますので、たった数年前のクルマと最新の新車では安全性能には想像をはるかに上回るほどの差があります。

道路を走るクルマを見ていると、日本のクルマは品質が高く故障もしないので新車登録から10年、20年経過したクルマが現役で元気に走っています。しかしそのような年式の車両と最新の安全装備を搭載した新車では安全性に大きな違いがあるために、中古車は確かに安いのが魅力とはいえ、おすすめはできません。

特に大切な同乗者たちのためにも、なるべく新車を選ぶことをおすすめします。

ぜひ下記↓の記事もお読みください。※ショッキングな動画もありますがご了承ください

≫ 参考:ファミリーカーに古い中古車は絶対に避けるべき本当の訳を動画で確認

 

新車で1年契約が可能なカーリース

新車を扱うカーリースの中でも珍しく1年契約のあるのが「定額カルモくん」です。

定額カルモくんは最短1年契約から、1年刻みで最長11年までの幅広い期間で契約が出来るカーリースです

新車の1年契約というのも珍しいのですが、11年という超長期の契約も珍しく利用者の都合に合わせて無駄のない期間で契約が可能です。

 

また定額カルモくんの珍しい特徴はそれだけではなく、2018年開始の比較的後発のカーリースらしく、他社にはない特色がまだまだあります。

たとえばカーリースではリース車両の点検整備や消耗品の交換、車検などをプロにお任せ出来る「メンテナンスパック」というものがオプションとして各社で用意されているのですが、定額カルモくんのメンテナンスパックに申し込むと「返却時の原状回復費用補償」というものが同時についてきます。

この補償は、通常カーリースのリース期間満了時に傷や凹み、車内の汚れなど車の状態が悪いと見なされると、清算が必要になってしまうことがあるのですが、その費用を軽自動車では15万円、その他の車種では18万円まで負担してくれる「こすっても大丈夫補償」と呼べるものです。この補償があるために定額カルモくんは運転に自信のない初心者ドライバーさんなどから支持されているカーリースでもあるのです。

 

1年契約で単身赴任先や子供の習い事、保育園の送迎では走り慣れない道を走行することが多くなりますので、運転が上手なベテランドライバーでも、ついうっかり擦ってしまうことも考えられます。

そのため、どのような方にもこの補償があれば安心して不慣れな道も不安なくドライブできそうですね。

 

まとめ

今回は期間限定で1~2年ほどクルマが必要になった時の所有方法をご紹介しました。

このような短期間では新車の購入は1年後の売却のことを考えても良い方法ではありません。

そこで安い中古車の購入かリースとなりますが、本文での説明の通り安全面や売却の手間や時間を考えるとやはり良い方法とはいえません。

 

そのため、新車のカーリースで珍しく1年契約のあるリース会社をご紹介しました。新車のカーリースであれば安全性はもちろん、リース期間が終了したら返却するだけで手間も時間も不要です。

そして、返却時に万が一傷などが見つかり清算が必要になっても補償で補うことが出来ますので安心です。

 

ご参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, クルマの安全, 定額カルモくん, , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ