カーリース 車を売る・買う

ドイツ製の外車はカーリースがメリット多い?輸入車はリースがお得?

世界各国の自動車メーカーの中でその高級感やブランドイメージ、ステイタス性の高さなどにより圧倒的な人気を持つのが「ドイツ車」です。

「メルセデスベンツ」や「アウディ」、「BMW」に「フォルクスワーゲン」と「ポルシェ」など全て高いブランドイメージで、世界中の豊かなライフスタイルを持つ人々から愛用されています。

トイツ車の各社はこの日本でも高級なイメージの自動車メーカーと認められていますが、そのドイツ車のオーナーはカーリースを利用して所有している人が少なくないのはご存知でしょうか?

今回はどのような利用者がメリットを感じてカーリースを選んでいるのかを説明するのに併せて、ドイツ車を取り扱うおすすめのカーリースをご紹介します。

 

スポンサードサーチ

ドイツ車全般に見られる傾向とは

 

ドイツ車の全てに対して「傾向」をお話ししてしまうのは乱暴にも感じてしまいますが、ざっくりとした傾向として参考程度にお考え下さい。

日本国内ではドイツ車と言えば「お金持ち・富裕層が乗っているイメージ」であるために、ドイツ車本来の基本性能の高さやクルマとしての完成度の高さの他に、「オーナーの価値を高めてくれる道具」としてドイツ車に乗っているオーナーも少なくはありません。

そのようなオーナーは乗っている車の新型が発売されてしまうと旧型に乗っている自分が許せず(?)に新型に乗り換えてしまうのです。

 

そのためドイツ車の中でも特に高級モデルであるほど新型車が発売されると旧型となった車の人気は急落して、中古車の販売価格や売却時の査定額が大きく値下がりしてしまいます

元々の新車価格が高額なドイツ車ですが、旧タイプのモデルとなってしまうと一気に中古車価格が百万単位で値落ちすることも珍しくありません。

 

例外としては、スポーツカーメーカーのポルシェなどは特定の旧モデルの希少性や新型にない装備やエンジンなどにより、値落ちせずに中古車価格が高騰するケースさえあります。

しかし、全てではありませんが一般的にはドイツ車は購入時には高額でも売却額は国産車などよりも値落ち率が高い傾向にあるとお考え下さい。

 

 

カーリースでドイツ車に乗るメリットは?

ドイツ車をカーリースで乗るメリットはカーリースの料金の仕組みを確認しておけば分かりやすいので、基本を確認しておきましょう。

カーリースでは、初めに契約期間が満了となった時の車の査定額を過去の実績などを元に予測して金額を決め、これを「残価」と呼んでいます。

そしてカーリースで貸し出す新車の価格から予測した「残価」をあらかじめ値引きした金額をベースにして月々のリース料金を決めていきます。

つまり、カーリースでは新車価格の全てではなく、「残価」を引いた残りの金額だけ支払えばよいので、全てを支払うローンでの購入よりも支払いの総額が安くなるメリットがあります。

 

これをドイツ車に当てはめてみると、カーリースでドイツ車に乗るのであれば、高額な車両価格から残価を引いた分だけ支払えばよく、カーリースの契約期間満了後はクルマをリース会社に返却するだけで終了しますので、モデルチェンジなどによる売却価格の暴落などを気にする必要も無くなります。

カーリースと同じ「クルマを借りるサービス」である「カーシェアリング」や「レンタカー」でもドイツ車などの高級外車・輸入車を取り扱いを始めているところもありますが、利用の度に予約が必要で、利用できない可能性もあるため自家用車や社用車として利用するには現実的ではありません。またレンタカーやカーシェアリングはクルマのナンバーが専用の「わ」や「れ」で借りている車であることがすぐに分かってしまいますが、カーリースでは普通のナンバーですので見分けることはできません。しかし、ドイツ車の購入やカーリースの利用を検討中に試乗する目的で利用するのはディーラーの試乗などよりもじっくり確かめることが出来ますのでおすすめです。

≫ 参考:ベンツの新型AクラスA200dを購入前にカーシェアで試乗しよう!

 

カーリースのメリットを確認

  • カーリースはドイツ車を購入する時に必要な頭金やボーナス支払い無しでも月々の定額料金で利用することが出来ますので、購入では手の届きにくい少し上のランクの車種を選らぶことも可能になります。
  • 基本料金には毎年の自動車税車検の時に支払う自賠責保険料と重量税が含まれているので支払いの手間や期日管理も不要で出費が安定する。
  • メンテナンス契約をすれば点検整備や車検までクルマの管理はお任せ出来て、月々の支払いがリース期間中フラットになるので家計も見通しもよくなる。
  • 車を購入するよりもカーリースの費用は経費で計上できるために税金対策(節税)になる

車をカーリースで借りることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、じつは「お金持ち」、「富裕層」などと呼ばれている人ほどクルマは購入せずにカーリースを利用しています。

その理由は簡単で「節税」になるからです。

以上のように、ドイツ車の購入金額と売却額の大きな違いや、カーリース本来のメリットのためにカーリースを利用してドイツ車に乗る方が増えています。

そのため、ドイツ車の各メーカーの日本法人でも新車の販売だけではなくカーリースでクルマを提供するサービスを開始しています。

 

ドイツ車ディーラーのカーリース

ドイツ車各社では新車だけではなく、整備工場でメーカー基準の充分なメンテナンスが施された「認定中古車」のカーリースも扱っています。

メルセデスベンツ

メルセデスベンツのカーリースは保険や税金、サービスプログラムまで含めて、期間中は定額料金で新車のメルセデスベンツを利用で出来ます。

契約満了時に残価との差額を精算する「オープンエンドリース」と、残価清算の必要のない保証型の「クローズエンドリース」のプランから選ぶことが出来ます。

■契約期間

オープンエンドリース:3年、4年、5年

クローズエンドリース:2年、3年、4年、5年

詳細:メルセデスベンツ

 

アウディ

アウディのカーリース「Audi オートリース」は法人・個人事業主に向けたプランですが個人でもご利用いただけます。

メルセデスベンツ同様に契約満了時に残価との差額を精算する「オープンエンドリース」と、残価清算の必要のない保証型の「クローズエンドリース」のプランが用意されていて、リース期間などに違いがあります。

アウディ全車種の新車から選ぶことが可能です。

■契約期間

  • オープンエンドリース:1年、2年、3年、4年、5年
  • クローズエンドリース:2年、3年、4年、5年

詳細:アウディ ファイナンシャル サービス ガイド

 

BMW

BMWのカーリースも「オープンエンドリース」と「クローズエンドリース」が用意されていますが、オープンエンドリースでは残価を利用者が設定することが出来るため、残価を高額に設定して月々の支払額を抑えるような調整が出来ますが、終了時には残価と査定額の差額の清算が必要になるプランです。

また、クローズエンドリースの場合はBMWが設定した残価をベースに月々の料金が決められますが、契約期間の満了後は走行距離超過や想定を超える摩耗などが無い限り清算の必要は無いプランです。

契約期間が最長12年以内であれば自由に選べる柔軟性も魅力です。

詳細:BMWローン・リース

 

■中古車のカーリース

BMWの中古車カーリース:bmw認定中古車リース – ヤナセ認定中古車

 

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンでは新車オートリースと、中古車オートリースがそれぞれ用意されています。

新車、中古車共に契約満了時には残価との差額を精算する「オープンエンドリース」のみのプランとなります。

中古車の契約期間は1年から5年まで1年単位ですが、中古車が初めて登録された時から10年以内に契約が終了する契約期間までとなっています。例えば新車から9年経過の中古車では1年間のみ、7年経過の中古車では1年から最長3年が契約できることになります。

■契約期間(すべてオープンエンドリース)

新車:2年、3年、4年、5年

中古車:1年、2年、3年、4年、5年

新車詳細:フォルクスワーゲン オートリース

中古詳細:中古車オートリース

 

ポルシェ

ポルシェのカーリース「ポルシェ リースプログラム」はポルシェの全車の新車がご利用できる「オープンエンドリース」のみのプランが用意されています。

ポルシェならではの値落ち率の少なさは残価の基本料率にも表れていて、3年契約は40%の残価となりますので、高額なポルシェをお手軽に(ポルシェとしては)乗ることが可能になっています。

■契約期間(すべてオープンエンドリース)

新車:3年、4年、5年

詳細:ポルシェ リースプログラム

 

まとめ

輸入車の中で安定した高い人気のドイツ車もカーリースならワンランク上の車種に手が届きます。また初期投資が高額な新車購入に比べて頭金なしでも憧れの車に乗ることが出来るのは大きなメリットです。契約満了後も売却額や売却のための手間も時間も不要で返却するだけですので、金額面だけではなく、時間も無駄にしません。

高級なドイツ車の日本国内での年式やモデルによる売却価格の変化のリスクなどを考慮すると、定額で見通しの良いカーリースを選ぶ人が増えているのが納得できます。

新車や中古を問わず、ドイツ車の購入をお考えであれば、カーリースの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, 車を売る・買う, , , , , , , , , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ