カーリース コスモMyカーリース スバル 車種別

シフォンカスタムのカーリース料金はいくら?3年~7年の月額を調査

2020年6月18日

スバルシフォンは現在の軽自動車の主流となっている背の高いスーパーハイトワゴンタイプの軽乗用車です。

そのシフォンの内外装を専用パーツでカスタマイズして人気車種となっているのが今回ご紹介するシフォンカスタムです。

スバルはかつて軽自動車を生産していましたが、現在は生産を撤退しているため、シフォンは提携関係にあるダイハツから「タント」をOEM供給されてエンブレムなどをスバルの物に変更されて2016年より販売されている姉妹車です。

2019年にシフォンのベースとなるダイハツタントのフルモデルチェンジにともない、スバル シフォンおよびシフォンカスタムも新型の2代目に生まれ変わりました。

シフォンといえば助手席側の柱が残らず大きな開口部で使い勝手がよい「ミラクルオープンドア」が最大の特徴で先代モデルは主に子育てママ達から圧倒的な支持を受けて大ヒットとなりましたが、新型シフォンはその特徴を受け継ぎ、さらに便利・快適に進化しています。

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

そのため新型シフォンとシフォンカスタムはカーリースでも発売前から予約が集まるほどの人気車種となっています。

そこで以前はシフォンのカーリースについてご紹介しましたので今回はスバル シフォンカスタムのリース料金をカーリース大手各社で比較してみました。

シフォンをカーカスタムをカーリースで利用することをご検討中ならぜひチェックしてみてください!

 

スポンサードサーチ

スバル シフォンカスタムってどんなクルマ?

スバル シフォンカスタムの特徴をご紹介します。

ミラクルウォークスルーパッケージ

 

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

 

先にシフォンとシフォンカスタム共通の特徴をご紹介します。

シフォンといえば助手席のドアと後部スライドドアの間に柱が残らずオープンするミラクルオープンドアですが、新型はさらに改良された「ミラクルウォークスルーパッケージ」となり車内移動がさらに自由になると同時に圧倒的な乗り降りのしやすさも実現しています。

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

先代よりも大きくスライドするようになった運転席のスライド量は最大540mmとなったため車を降りることなく、後席のお子様の世話が出来るようになりました

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

また車内の高さも高いために車内移動が楽に行えます。

※運転席ロングスライドシートはシフォンカスタム全車に標準装備されています。

 

さらに軽自動車で初めてパワースライドドアにウェルカムオープン機能が追加され、タントから降りる時に予約をしておけば、荷物などで両手がふさがっていても、クルマに近づくだけでドアが自動的にオープンしますのでドアの開け閉めがとてもスムーズです。※シフォンカスタム全車に標準装備

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

  • 左側パワースライドドア設定グレード: シフォンカスタム全車に標準装備
  • 右側パワースライドドア設定グレード:シフォンカスタム全車に標準装備

 

次世代スマートアシスト

 

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

シフォンは予防安全技術「スマートアシスト」が全車に標準装備されて、毎日の安全な運転をしっかり見守ります。

さらにオプションとなる「スマートアシストプラス」がさらなる安心をプラスします。

 

スマートアシスト

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • 標識認識機能(進入禁止)
  • ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • コーナーセンサー(フロント2個・リヤ2個)
  • サイドビューランプ
  • ハイビームアシスト

※シフォンカスタム全車に標準装備です

スマートアシストプラス

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

ノロノロ運転時や高速走行時の加速と減速をサポートする「全車速追従機能つきアクティブクルーズコントロール」や車線の中央を走行することをサポートする「LKC・レーンキープコントロール」がグレードによってメーカーオプションで用意されています。

 

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

さらに駐車支援システムである「スマートパノラマパーキングアシスト」がグレードによりメーカーオプションで用意されています。

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

次世代プラットフォームDNGA

2代目となる新型シフォンには一新された次世代プラットフォーム(クルマの基本構造)が採用されています。

そのため新型シフォンは安全性につながる走行安定性の向上と共に軽量化などにより燃費もさらに向上して、軽自動車であることを感じさせない乗り心地と快適性を実現しています。

 

シフォンのパワーユニットと燃費

シフォンに搭載されるエンジンは直列3気筒 DOHC 12バルブ自然吸気エンジンとターボ付きエンジンの2種類です。

トランスミッションは全てCVTによるオートマチックのみが組み合わされ、シフォンカスタムは全てのグレードで4WDが用意されています。

燃費はJC08モードで自然吸気エンジンが25.4~27.2km/L、ターボエンジンで23.8~25.2km/Lを達成しています。

 

シフォンとシフォンカスタムの違い

シフォンとシフォンカスタムは基本的には同じクルマで搭載されているエンジンも同じですが外観とインテリアに違いを与えることでそれぞれ別の個性を持つ違う車のように仕上げてあります。

上がシフォンカスタム

シフォンの外観はシンプルで親しみやすく安心感のあるスタイルであるのに対して、シフォンカスタムは大きなグリルとメッキパーツを多用した、ひときわ目を引くスタイリッシュな佇まいです。

 

インテリアはシフォンが明るい印象のグレー系であるのに対して、シフォンカスタムはブラック基調のシックな印象でピアノブラックやスバルのイメージカラーであるブルーのマテリアルを配置することで高級感を感じるインテリアとなっています。

このように人気の高かった先代モデルをさらに進化させて使い勝手が向上し、燃費も良いスバルシフォンはカーリース各社でも人気車種となっているようです。

そんなシフォンのカーリース料金は月々いくらになるのでしょうか?

頭金も0円でボーナス加算もなしの均等払いで新車に乗る場合の料金を見てみましょう!

 

スバル シフォンのグレード

シフォンカスタムRスマートアシスト

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

クルマには装備やエンジンなどが違う数種類の「グレード」が用意されているのですがスバル シフォンカスタムも2種類の基本グレードが用意されています。

トランスミッションは全てCVT(オートマチック)のみで、全てのグレードで4WDの選択も可能です。

スバルシフォンカスタムのグレード

  • R スマートアシスト
  • RS スマートアシスト

このように2種類のグレード展開でRスマートアシストがベーシックグレードで、RSスマートアシストが上級グレードになります。

今回はベーシックグレードの「Rスマートアシスト」の2WDで料金を比較します。

 

 

シフォンRスマートアシストのインテリア

引用元:https://www.subaru.jp/chiffon/chiffon/

今回ご紹介するシフォンのカーリース料金は各社公式サイトのカーリース料金シミュレーションより算出した金額となっています。

■比較車種:シフォンカスタム Rスマートアシスト 2WD CVT(AT)

■燃費:27.2 km/ℓ(JC08モード燃費)

 

スバル シフォンカスタムのリース料金

 

コスモマイカーリース

コスモのマイカーリーススマートビークルの契約期間は3年、5年、7年です。

コスモマイカーリース・スマートビークルはクルマの整備やメンテナンスなどをお任せ出来るメンテナンスパックを3種類の中から選ぶことが出来ます。

  1. ホワイトパック:メンテナンス契約なし
  2. シルバーパック:簡易メンテナンス
  3. ゴールドパック:フルメンテナンス
リース期間 ホワイト シルバー ゴールド
3年 42,020円 44,220円 46,970円
5年 30,580円 33,330 36,080円
7年 25,960円 28,930円  31,680円

※月間走行距離1,000キロで計算

シルバーパックとゴールドパックにはリース期間分の「自動車税」、「自賠責保険料」、「重量税」が含まれますが、ホワイトパックに含まれるのは「自動車税」のみです。

 

コスモMyカーリース・スマートビークルのここがポイント

コスモのマイカーリーススマートビークルでは月間走行距離を500~1,500キロで選ぶことが出来、距離が多いほど月額料金は高くなります。当然500キロを選択すればお安くなりますが、やはり不安に感じ利方も多いようで、多くの方が1,000キロで申し込みをしているようです。

また、他社の7年契約の相場よりもコスモMyカーリース・スマートビークルが安くなる傾向があるのですが、コスモMyカーリース・スマートビークルは他社ではほとんどが標準で月々のリース料金に含まれる「自賠責保険料」と「自動車重量税」が含まれておりません。しかしその点はシルバーまたはゴールドのメンテナンスパックを選ぶことで追加することが出来ますのでフレキシブルなムダのない契約が可能であるともいえます。

 

9年の長期契約が無いことでコスモMyカーリース・スマートビークルが不利なように見えますが、じつは累計登録台数5万台を突破して、コスモMyカーリース・スマートビークルは大人気なのです。その理由のひとつとしては他社ではメンテナンスの時に指定の自動車整備工場まで出向かなくてはならないのに対してコスモのガソリンスタンドで給油から車検まで全てお任せ出来るのです。つまり使い勝手が抜群に優れているのですね。全国のスタンドを利用したロードサービスも利用出来るのでとても安心です。

またコスモMyカーリース・スマートビークルだけはリース終了後に車がもらえるようなシステムがないのですが、実際にはカーリース利用者で終了後に買取などをして乗り続ける人は全体の10%ほどで、多くの方は新しい新車のリース車両に乗り換えています。月々定額で新車を乗り継いでいけるのがカーリースのメリットなのですが実際にもそのメリットを利用する人が多いようです。

 

カーリースの料金は契約期間が長いほど月々の支払い金額が安くなっていきます。そのため今回のコスモマイカーリースで月額がお安いのは最長の7年契約で月々25,960円の均等支払いでした。1日当たり865円でスバル シフォンカスタムの新車に乗れることになります。

しかし、コスモマイカーリースの料金は「ホワイトパック」の料金ですので注意が必要です

コスモMyカーリース・スマートビークルの「ホワイトパック」は定額ニコノリパックでは基本料金に含まれている自賠責保険料と重量税が含まれていません。

※ホワイトパックにオプションでプラスするか、シルバーパックかゴールドパックを選べば自賠責保険料と重量税が含まれます。

自賠責保険料と重量税は車検の時に必ず支払う費用ですので、車検を通す必要のない3年契約では問題がありませんが、5年以上の契約では基本料金に含まれていない場合は別途支払いが必要になります。

カーリース各社で基本料金やメンテナンスプランに含まれる内容が違いますので下記の参考記事などをお読みになり、内容をしっかり確認してから契約をすることが大切です。

 

まとめ

今回は人気のスバル シフォンカスタムのリース料金を調査してみました。

結果として、

頭金なし、月々25,960円の均等支払いのみでボーナス時の加算もなくシフォンカスタムの新車に乗れますのでお得です。※1日当たり865円

人気車種であるシフォンカスタムは中古車でも新車と変わらない価格であることが多いため、頭金無しでも月々2万円台の料金で新車に乗れるのはカーリースならではのメリットです。

 

しかし契約期間の長いカーリースですからリース期間中に気楽にメンテナンスなどが出来るかなど総合的に考える必要があります。

今回の3社ではコスモMyカーリース・スマートビークルはコスモ石油のガソリンスタンドで全てお任せ出来るのがメリットであると言えます。

月々の料金の安さも大切ですが、リース期間中の使いやすさも考慮して、あなたにぴったりなリース会社やプランをお選びください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, コスモMyカーリース, スバル, 車種別, , , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ