カーリース コスモMyカーリース 定額ニコノリパック

カーリースのガソリン代は誰が支払うの?コミコミって聞いた気が・・

2019年7月28日

クルマに乗れば乗るほど必要になるのがガソリン代です。

仕事やプライベートで長距離を走る方ならとても大きな負担になる費用ですね。

ところで、頭金など無しで手軽に新車に乗れることで利用者が増えているカーリースではガソリン代についてはどのようになっているのでしょうか?

ここではカーリースのガソリン代について説明します。

 

スポンサードサーチ

ガソリン代込みのカーリースってあるの?

「月々のカーリース料金にガソリンが含まれているのってあるんですか?」

最初に変な期待をさせてはいけませんので結論を先に言えば、

ガソリン代まで含まれるカーリースは存在しません。

 

このような質問をされたことがあるのですが、質問した人によれば、

ガソリン代込みのサービスがある」と聞いたことがあるというのです(!?)

気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、それは「カーシェアリング」と「カーリース」を混同してしまっているんですね。

 

カーシェアリングはカーリースと同様に有料でクルマを借りることが出来るサービスです。そしてカーシェアリングのほとんどは利用代金の中にガソリン代が含まれています。

しかし、両者の大きな違いはカーリースは数年単位の長期間の車のレンタルであるの対して、カーシェアリングは数時間~数日程度の短期間で、どちらかといえばレンタカーに近いサービスです。しかし、カーシェアリングはガソリン代も含まれますのでレンタカーのように自己負担でガソリンを満タンにして返却する必要はありません。

カーシェアリングは利用者登録さえしておけばスマホで簡単に予約して24時間いつでも低料金で利用出来るために貸し出しステーションの多い都市部では便利に利用出来ます。

 

ガソリンが値引きになるカーリース

カーリースのリース料金にガソリン代まで含まれるというのはカーシェアリングと混同してしまったことによる勘違いで実際には存在しません。

しかしガソリン代が値引きになるカーリースはありますのでご紹介します。

コスモMyカーリース・スマートビークル(コスモ石油)

コスモMyカーリース・スマートビークルはガソリンスタンドのコスモ石油の運営するカーリースですのでガソリンの値引き特典があるのも特徴の一つです。

そのガソリンの値引きには決められた期間限定ではなく、リース期間中ずっと最後まで値引きが受けられるのが嬉しいポイントです。

値引き額が気になるところですが、コスモMyカーリース・スマートビークルには3種類のメンテナンスパックがあり、どれを申し込むかによって値引き額が変わります。

 

メンテナンスパックとはクルマのオイル交換などのメンテナンスや車検などが追加料金を支払うことでお任せ出来るパッケージオプションです。

  • ホワイトパック:メンテナンスなし(追加料金なし)
  • シルバーパック:簡易メンテナンス(有料)
  • ゴールドパック:フルメンテナンス(有料)

ゴールドパックはタイヤやバッテリーなどの高額な交換費用まで含まれ、当然追加料金も高くなりますが、ガソリンの値引き額は1番高く、通常で5円/Lの値引きを受けることが出来ます。

そして、シルバーパックでは3円/Lの値引きが可能です。さらにメンテナンスに申し込まずにメンテナンスパックの追加料金の必要のないホワイトパックでも1円/Lの値引きが受けられます。

さらに2019年7月1日から9月30日までガソリン割引が通常の2倍になるキャンペーンを行っています。

ゴールドパックでは10円/L値引き、シルバーパックでは6円/L値引き。ホワイトパックでも2円/Lの値引きがリース終了までずっと続くお得なキャンペーンです。

公式サイトでご確認ください。

 

定額ニコノリパック

ニコニコレンタカーの新車カーリースが定額ニコノリパックです。

定額ニコノリパックは5年契約のみでシンプルなプラン構成ですが5年間の期間中の車検の基本料金やオイル交換などの基本メンテナンス費用が追加料金無しの基本料金の中に含まれているのが特徴です。

基本料金に含まれます

そして定額ニコノリパックの店舗の多くがガソリンスタンドを兼ねているのですが、申し込んだガソリンスタンド限定で店頭価格より5円/Lの値引きを5年間のリース期間中ずっと受けることが可能です。

 

カーリースに含まれるものと含まれないもの

前述の通りカーリースにガソリン代金まで含まれることは無く、ガソリンの値引きがあるカーリースをご紹介しました。

個人の方向けの一般的なカーリースではリースの基本料金に含まれるものは一部の例外を除いて共通しています。

そこで、カーリースに含まれているものと、含まれないものを確認しておきましょう。

カーリースの料金に含まれるもの

  • 自動車取得税:新規登録時に支払う
  • 新車登録手数料:登録時に払う手数料で国に支払う法定費用も含みます
  • 自動車税:毎年支払い、車種によって金額が違います
  • 自動車重量税:車検の度に支払います
  • 自賠責保険料:車検の度に支払います

カーリースでは初期費用などと呼ばれる新車の登録費用や税金などが含まれていますが、新車を現金やローンで購入するときのように「頭金」を用意する必要はなく、月々の均等支払いのみでも新車にのれることが魅力です。

また車検に時に必ず支払いが必要な自賠責保険料や自動車重量税まで含まれていますので、車検の時期が迫っても車検費用の全てを用意しておく必要はありません。

このように新車を手に入れる時と手に入れたクルマを維持していく費用のハードルが購入するよりも低くなるのがカーリースのメリットです。

 

カーリースの料金に含まれないもの

ガソリン代以外のカーリースに含まれない費用をご紹介します。

別途必要な費用ですのでチェックしておきましょう。

駐車場代

ご自宅敷地内などに駐車スペースが確保できる方以外は駐車場を借りる必要があり、借りた駐車場で車庫証明を取得する必要があります。

車庫証明の登録に必要な駐車場にはルールがあり、お住まいより直線距離で2キロ以内の場所にある駐車場であることが条件ですので注意が必要です。

 

自動車保険(任意保険)

カーリースの料金に自賠責保険料が含まれているのにまた保険?と思うかもしれませんが、自賠責保険の対象は被害者の身体のみで被害者のクルマの修理代などは対象になりません。

またご自分の身体やリース車両の修理代もカバーするためには自動車保険(任意保険)の加入が絶対に必要です。

自動車保険(任意保険)はそのままではご自分の車(リース車両)の修理代金は出ませんので「車両保険」をセットする必要があります。

 

現在自家用車を所有していて任意保険に加入中であれば自家用車がリース車両になっても任意保険を等級と等級による保険料の割引も引き継ぐことが出来ます。

また新規で自動車保険を加入する人や今のよりも安い自動車保険をお探しなら一括で一番安い自動車保険を探せる自動車保険一括見積もりが便利です。

楽天の自動車保険一括見積もりなら安心で利用者の83%が安くなったと回答しています。

 

車検整備費用

カーリースの基本料金には車検時に支払う自賠責保険料や自動車重量税まで含まれていますが、クルマを整備工場で点検と整備をする料金は別途支払いが必要になります。

この費用についてはその都度自己負担で支払っても良いのですが、カーリース各社で用意されているメンテナンスパックに申し込めば月々の加算が必要になりますが、車検費用や消耗品の交換などが必要になっても月々の支払いをフラットなままにすることが可能です。

また先にご紹介した定額ニコノリパックのように車検の費用が基本料金に含まれるカーリースを選ぶことも良い方法です。

≫ 参考:カーリース車検費用の負担は誰?料金に含まれるものが各社で違う?

 

まとめ

残念ながらガソリン代まで料金に含まれるカーリース会社は存在しませんが、最大10円/Lの値引きが受けられるカーリースはありますのでリース期間トータルではかなりガソリン代の節約が出来そうです。

そしてカーリースには料金に含まれない「駐車場代」や「任意保険代」「車検整備費用」などがありますので、カーリースの契約前にはこれらの費用も頭に入れて考える必要があります。

無理のないカーライフのために、余裕を持った計画が大切です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, コスモMyカーリース, 定額ニコノリパック, , , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ