カーリース

新車の頭金は購入額の20~30%が普通なのに0円で乗り出す方法?

新車も購入を考える時に1番大きなハードルとなるのが「頭金」ですね。

一部の現金一括支払いの方を除けば多くの方はローンで新車を購入しますので、頭金を支払うのが一般的です。

しかし、頭金0円で新車に乗る方法もあることをご存知でしょうか?

今回は近頃利用者の急増している新しいクルマの所有方法について説明します。

 

スポンサードサーチ

新車の頭金っていくら支払えばいいの?

 

新車をローンで購入する場合には頭金の支払いは絶対に必要なわけではありませんが初期費用と呼ばれる税金や自賠責保険料などを支払うように販売店からお願いされることが普通です。

やはり自動車販売店(カーディーラー)も1円も支払い無しに新車の登録までしてしまうことはありません。

 

ところで新車を購入する場合の頭金はどのくらい支払えばよいのでしょうか?相場ですね。

一般的に新車を購入するときの頭金は購入金額の20~30%が相場です。

つまり、総額200万円の新車を購入する時には40~60万円を用意して支払うことが必要になります。

 

頭金の支払いにはメリットもある

この金額が新車を購入するときの高いハードルになるというのは金額を見ると納得ですね。

でも、頭金を支払うことで同時にメリットも発生するのです。

そのメリットは大きく2つ

  1. 頭金の分、借入れ金額が少なくなるので審査が通りやすくなる
  2. 頭金の分、借入れ金額が少なくなるので金利負担が減少する

このようなメリットがあります。

また、まとまった金額である頭金を支払えること自体もローンの審査ではプラスに働きます。

 

頭金を支払うことで不安も

とは言っても皆さんいろいろ事情があるわけで・・・

  • 一人暮らしを始めたばかりで頭金は用意できない・・
  • 子育て中の若い夫婦で余裕が無く頭金は無理・・
  • 年金生活者だから一気に貯金が減るのは不安・・

まだ他にも事情があるでしょう。

共通して言えるのは、頭金を支払えないわけではないけれど、無理して支払うと後で不安ということです。

病気や怪我など万が一のことを考えると手元のお金が減少してしまうことが不安になる原因となります。小さなお子様がいればなおさらです。

 

頭金0円、均等支払いのみで新車に乗る方法

新車購入の大きなハードルとなる「頭金」が0円で均等支払いのみで新車に乗る方法です。

その方法を先に一言で言ってしまうと

カーリースです。

 

カーリースは頭金なしで、月々均等支払いのみで新車に乗る事ができるために利用者が急増しています。

少し前まではカーリースといえば会社などの営業車を導入するような利用方法がメインでしたが、近頃カーリース各社では個人向けのサービスにも力を入れて魅力的なプランが登場しています。

最後にクルマがもらえるカーリース?

でも、カーリースって期間が長いレンタカーみたいなものだから最後はクルマを返さなきゃならないんでしょ?とお考えではないでしょうか?

確かにカーリースは契約期間の最後までクルマに乗ったらリース会社に返却するのが現在も基本です。

しかし、リース終了後にはそのままクルマがもらえて自分のものになるカーリースもあるのです。

 

頭金無しの無理の無い予算に合わせた月々均等支払いで、最後はクルマを返却しないで自分のものとなるカーリースです。

ほとんどローンで購入するのと同じ感覚ですが支払いが圧倒的に楽なのがメリットです。

カーリースの料金の仕組みは?

カーリースは頭金なしで月々均等支払いで新車に乗る事が出来ますが、その料金の仕組みを確認しておきましょう。

最初にカーリースでキーワードとなるのが「残価」です。

残価とはカーリースの契約期間が満了になる時のリース車両の査定額を「予測」して決めた金額のことを言います。

カーリースはこの残価をあらかじめ新車の車両価格から値引きした金額をベースにカーリースの料金を決定するのです。

そのため、カーリースは車両価格の全てではなく、予想された残価分を引いた金額だけ支払えば良いことになります。

 

これに対してローンで購入した場合は購入金額の全てを分割して支払わなければなりませんので、支払い総額はカーリースのほうが安くなります。

 

もらえるカーリースは残価の設定金額が「0円」

このようにカーリースはローンに比べてお得に乗る事が出来るのですが、ローンは支払いが済めば当然クルマが自分のものになるのですが、カーリースの場合は返却するのが基本です。

カーリースで利用したクルマに愛着が湧いてしまってどうしても自分のものにしたい場合は「買取」をすることで可能になりますが、その場合は未払いの「残価」分を支払わなければならず、支払い総額もローンよりも高額になってしまいます。

 

ところがリース終了後にクルマがもらえるタイプのカーリースでは残価の設定金額が0円に設定されていますので、そのまま乗る場合も買い取り金額も0円なのです。

 

カーリースのメリット

頭金なしで新車に乗れ、ローンよりも支払い総額が安くなること以外のカーリースのメリットをご紹介します。

 

月によって出費が変化しない

一般的なカーリースでは月々支払うリース料金の中には車両代金や初期費用のほかにもクルマを所有していると支払いが必要になる費用が多く含まれています。

各社で共通するのは以下の3つの費用です。

  1. 自動車税:毎年支払い
  2. 自賠責保険料:車検時
  3. 自動車重量税:車検時

また、リース会社によっては車検の費用やメンテナンス費用まで含まれることもあります。

毎年支払いが必要な自動車税や車検費用の中でも高額な費用となる自賠責保険料や自動車重量税が含まれるということは、その都度その費用を用意しておく必要が無いということです。

さらにカーリース各社で用意されている車のメンテナンスなどがお任せ出来る「メンテナンスパック」は月々のリース料金に加算が必要になりますが、車検や消耗品などの交換が必要になっても車に関する月々の出費に変化が無く、安定するために家計の見通しも良くなるというメリットもあります。

 

これらの出費はクルマをローンで購入した場合は必ずその都度の支払いが必要になる費用です。

メンテナンスパックは費用が安定する以外にも税金の支払いの手間やメンテナンスパックのタイミングや車検の日程などの期日管理もお任せで済んでしまうメリットもあります。

税金の支払期日や車検の有効期限をうっかり過ぎてしまったなどというようなこともありません。

 

カーリースのデメリット

頭金が不要など、メリットの多いカーリースですが、やはりデメリットも存在しますのでチェックしておきましょう。

 

カーリースは原則途中解約が出来ない

カーリースは原則として途中解約が出来ません。

原則ですので解約の理由が認められれば解約が可能になりますが、その場合には「解約金」の支払いが必要になってしまいます。

解約金は残りのリース期間分の未払いのリース料金をまとめて支払うことになりますので、残りの期間が長い場合は解約金は高額になる恐れがあります。

 

そのため、契約期間中に解約が必要になるようなライフスタイルの変化が少しでも予測できるのであればカーリースの利用を控えて他の方法でクルマに乗る事をおすすめします。

例えば海外に長期間の転勤の可能性がある職場にお勤めの方などはカーリース以外の方法が無難です。

 

返却時に清算が必要になってしまうことも

カーリースの仕組みの説明の通り、カーリースは残価の支払いが必要ないために支払い総額が安くなるメリットがあります。

それに対して、リース期間満了でクルマを返却した時にクルマの状態が悪い理由などで残価よりも査定額が下回ってしまった場合は差額を清算しなければならない事もあります。

リース期間中自然に起こる車体の色あせや劣化、あるいは極小さな傷などでは査定額が下がることはありませんので神経質になる必要はありませんが、リスクがあるというのはデメリットです。

 

しかしこのデメリットについてはクルマがもらえるタイプのカーリースではクルマを返却しませんので査定自体も無く、清算のリスクは無くなります。

クルマがもらえるタイプのカーリースは残価が「0円」に設定されていますので価値が下がることは無いのです。

 

走行距離の制限がある

クルマの走行距離が多すぎると価値を大きく下げてしまう原因になってしまいますので、カーリース各社はリース期間中の走行距離の上限を設定して、超過してしまうとペナルティとして1キロ当たり何円という違約金の支払いが必要になってしまいます。

平均的なカーリースでは月間1,000キロくらいに走行距離の上限が設定されているために普通にクルマに乗る方には十分な走行距離の制限ですが、必ず過去のご自分の月間走行距離を確認してから申し込むことをおすすめします。

 

しかし、こちらのデメリットも上記と同様にクルマがもらえるタイプのカーリースであれば残価設定0円のため走り過ぎて価値が下がることも無く、ご自分のクルマになりますので請求されることも無く、走り放題になります。

 

まとめ

新車の購入ではハードルとなる高額な頭金を準備しなくても定額料金のみで乗れるカーリースについて、メリットやデメリットと共に説明させていただきました。

本文の繰り返しになりますが、今回の内容をまとめると、

  • 新車を購入する頭金は20~30%と高額
  • 頭金支払いは審査と金利負担にメリットがある
  • カーリースなら頭金0円で定額支払いのみでOK
  • 残価0円でクルマがもらえるカーリースもある
  • カーリースはローンより支払い総額が安くなる
  • カーリースは支払いが安定してフラットになる
  • もらえるカーリースは清算や走行距離制限が無し

このようになりました。

クルマの購入で頭金の支払いが悩みであるのならカーリースで新車に乗るという方法もご検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ