カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースの5つのデメリット|契約前に知るべき内容とは?

2021年3月22日

カーコンビニ俱楽部のカーリース「カーコンカーリースもろコミ」は基本料金の中に車検の費用が含まれていたり、リース期間満了時にはそのままクルマがもらえることなどが受け、大手カーリース会社の中でも人気の高いカーリースです。

契約期間は7年と9年ですが、そのどちらを選んでも契約期間が終われば、そのままクルマがもらえます。

また7年契約では5年経過、9年解約では7年を経過するとクルマを返却したり乗り換えることが自由に出来て中途解約のための費用も掛かりません。

オプションのナビやETC、バックカメラなども低料金セットで追加が可能です。

 

メンテナンスは軽自動車限定となりますが他社と比べるとお得な料金でメンテナンスパックが用意され、全国に展開するカーコンビニ倶楽部の店舗でプロの整備士にメンテナンスや車検整備などをおまかせ出来ます。

このようなメリットの多さから人気のカーコンカーリースもろコミですが、同時にデメリットも存在するのでご紹介します。

カーコンカーリースもろコミを申し込む前に必ずチェックしていおてください。

 

スポンサードサーチ

カーコンカーリースもろコミの5つのデメリット

1. 契約期間が7年と9年の長期のみである

カーコンカーリースもろコミの契約期間は7年間の「もろコミ7」と9年間の「もろコミ9」の2種類とシンプルです。

ところが、7年契約では5年を経過するとクルマの返却や乗り換えが解約金などの負担なしで自由に出来るため、実質的には5年と7年と9年の3タイプと考えることも出来ます。

 

途中返却・乗り換えの注意ポイント契約期間満了前の返却ではカーコンカーリースもろコミの特徴であるクルマをもらうことは出来ません。

また、契約期間満了まで乗ると走行距離の制限やキズや凹みによる清算はクルマがもらえるために関係なくなりますが、契約期間満了前の返却や乗り換えでは月あたり2,000キロの走行距離制限が適用され、キズや凹みなどが見つかれば別途支払いが必要いなってしまうこともあるので注意が必要です。※一般的なカーリースと同じになります。

 

しかし、他のカーリース各社では用意されている3年契約などの短期契約が無いのは人によってはデメリットかもしれません。

近頃登場したカーリース会社では1年から最長11年まで1年単位で契約できるプランも用意されているため、カーコンカーリースもろコミの契約期間はシンプル過ぎて短期利用をご希望の方達にはカーコンカーリースは最初に候補から外されてしまうかもしれません。

子供の習い事や保育園の送迎、転勤中の足車など期間限定で1~3年だけクルマを利用したいというニーズは少なくないものです。

そんなカーコンカーリースですが、基本料金に車検費用が含まれるなど、他社と比べてもトータルで維持費が安く抑えられるカーリースですので、契約期間が7年または9年で問題ない方はラッキーと言えます。

 

2. メンテナンスパックは軽自動車のみに制限されている

自動車に安全に乗るために定期的な点検およびメンテナンスは欠かすことの出来ないものです。

そのためカーコンカーリースもろコミでもオプションとしてメンテナンスが用意されています。

そのメンテナンスパックには2種類があり、エンジンオイルとエレメント(エンジンオイルの不純物をろ過する)の交換のみの簡易メンテナンスを行う「メンテナンスパックライト」とタイヤやバッテリーなどの高額な消耗品の交換まで含まれるフルメンテナンスを行う「メンテナンスパック」が用意されているのですが、メンテナンスパックライトは軽乗用車と軽商用車のみが対象で、メンテナンスパックは軽商用車を除く軽自動車のみが対象なのが残念です。

そのため、コンパクトカーやミニバンなどの軽自動車以外の普通車ではメンテナンスパックに申し込んでクルマに関するすべてをお任せすることが出来ないのはデメリットと言えます。

 

3. オンラインシミュレーションでは詳しいオプションなどの料金が分からない

カーコンカーリースもろコミの公式サイトではお好みの車種の毎月の支払額が簡単に知ることが出来る料金シミュレーターが利用出来ますが、カーナビやETCなどは上記の特選車と同様にアクセサリーセットとしてパッケージ料金とされているため、好みのナビやオーディオなどをオプションとして取り付けたくても具体的な金額がオンラインでは分かりません。

 

実際には申し込み後に純正のメーカーオプションやディーラーオプションについても、カーコンカーリースもろコミの担当と相談することが出来るのですが、なるべくオンラインで完結させたいとお考えの方にはデメリットかもしれません。

 

4. 7年契約の特選車は5年経過後の解約乗り換えが出来ない

カーコンカーリースもろコミの通常の7年契約(もろコミ7)は5年経過後には解約金など無しで自由に解約または乗り換えが出来るのですが、同じ7年契約でも「特選車」はその対象ではなく、基本的に解約と乗り換えは出来ません。

小さく書かれています(笑)

これはカーコンカーリースの公式サイトにあまり大きく書かれていないため見落としやすいルールです。

例えば海外転勤などやむを得ない事情でクルマに乗れなくなってしまい、カーコンカーリースもろコミが解約を認めた場合でも一般的なカーリース同様に解約金の支払いが必要になってしまいます。

カーコンカーリースもろコミは他社と比べると契約期間が長期であるため、期間中に大きくライフスタイルが変化する可能性を考慮の上、申し込むことをおすすめします。

カーリースは契約期間が長いほど毎月の支払額が安くなるため長期契約は魅力的ですが、長い分環境の変化に対応しずらい面もあることを覚えておいてください。

 

5. メンテナンスを受けるのはご契約店舗または指定された整備工場のみに限定

カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックでは基本的にメンテナンスを受けるのはカーリース契約を行ったご自宅から最寄りのカーコンビニ倶楽部の店舗か、お近くに店舗が無い場合は指定された提携整備工場で行います。

そのため、お住まいの場所によってはメンテナンスを受ける度に長距離を走行しなければならないかもしれません。

また長期・長距離のお出かけの途中でオイル交換時期を迎えても、他のカーコンビニ倶楽部の店舗ではメンテナンスパックでのオイル交換は出来ません。

たとえば、ライバルカーリース会社の「定額カルモくん」のメンテナンスパックではガソリンスタンドやカーディーラーなど3万件を超える利用可能店舗で作業を行うことが可能です。

作業料金を立て替えて、レシートの画像を送信すると振り込まれる仕組みですが、ご自分の都合のよい時・タイミングでメンテナンスを行えるので手間も時間も最小限です。

≫ 参考:おトクにマイカー 定額カルモくんの詳細【申込~審査やデメリット】

 

カーコンカーリースのデメリットは許容できる?

カーコンカーリースには以上のように5つのデメリットと言ってよい部分があります。

そのため、あなたがカーコンカーリースもろコミを利用すべきか以下の項目でご確認してみましょう。

あなたは大丈夫?

  1. じっくり長くクルマに乗りたいので契約期間が長期なのは問題なし
  2. メンテナンスをお任せしたいので「軽自動車」や「特選車」を選びたい
  3. オンラインでオプションを選ばずに担当者の説明を聞いて選びたい
  4. 途中解約をせずに最後まで乗ってクルマをもらって乗り続けたい
  5. 店舗が近くにあり、途中でオイル交換が必要なほどの長距離走行はしない

この5つの条件に問題がなければカーコンカーリースもろコミのデメリットはあなたにとってデメリットとはならないでしょう。

OKであれば今度はカーコンカーリースもろコミのメリットについても見ていきましょう。

 

カーコンカーリースもろコミの5つのメリット

1. クルマがもらえるだけではないメリット?

カーコンカーリースもろコミでは7年契約と9年契約のどちらを選んでも契約したリース期間が満了になるとクルマがそのままもらえるようになります。

また7年契約にはメンテナンスパックとナビやETCなどがセットになってコミコミ料金のお得な「特選車」も用意されているのですが、こちらも最後はクルマがそのままもらえるのは一緒です。

カーリースはローンで購入するのと同様に毎月支払いをするのに、最後はクルマを返却しなければならない=自分のものにならないことが理由でカーリースの利用を避けている人も少なくありません。

ところがカーコンカーリースもろコミでは追加料金なしの基本料金のままで最後は自分のものになるのです。

具体的には、カーリース契約期間中の「所有者」はカーリース会社名で、「使用者」がお客様名であり車検証にもそのとおり記載されますが、満了後は名義変更が行われ「所有者」の欄にもお客様のお名前に変更されます。

また、クルマがもらえるのは嬉しいことですが、そのメリットは単にそれだけではないのです。

クルマがもらえると走行距離制限が無くなる

一般的なカーリースではリース期間が満了となり返却された車は中古車として販売したりすることを予定しています。

そのため、返却されたクルマの走行距離が多すぎるとクルマの販売価格に影響するため、契約期間中の走行距離に上限を設定することでクルマの価値を一定水準以上に保つようにしています。

もし走行距離制限をオーバーした場合は1キロにつき数円から十数円のペナルティ(違約金)を支払わなければなりません。

しかし、カーコンカーリースもろコミでは終了後にはクルマをプレゼントしてしまいますので、当然走行距離は無関係で走り放題になります。

※カーコンカーリースでは7年契約では5年経過後、9年契約では7年経過後には違約金不要で返却が可能ですが、その場合は月あたり2,000kmの走行距離制限が適用され、オーバーしてしまうと違約金の支払いが必要になってしまいます。

 

クルマがもらえるとキズがあっても「清算」は発生しない

上記の走行距離制限と同様に返却時にキズなどクルマの状態が悪いと「清算」が必要になることはカーリースのデメリットとよく言われています。

そして走行距離制限オーバーとキズなどによる清算には共通している所があります。

それは、どちらもカーリースの契約期間が満了となりリース車両を返却した時に発生するという点です。

返却されたクルマの状態が悪かったり、返却された時点で走行距離制限をオーバーしていると別途支払いが必要になってしまうのです。

しかし、カーコンカーリースもろコミは契約期間が満了となると返却せずにそのままクルマがもらえますので別途追加の支払い(清算)が必要になることはありません。

※カーコンカーリースでは7年契約では5年経過後、9年契約では7年経過後には違約金不要で返却が可能ですが、その場合はクルマの査定が行われ、クルマの状態によっては清算が必要になってしまうこともあります。

 

2. コミコミでお得な特選車がある

前述の通り、カーコンカーリースもろコミには通常の7年契約と9年契約の他に7年契約のみ必要なものがパッケージされた「特選車」が用意されています。

カーコンカーリースもろコミのプラン

  • もろコミ7:7年契約
  • もろコミ特選車:7年契約
  • もろコミ9:9年契約

もろコミ7は7年契約ですが5年経過後から負担金無しで解約(返却)出来ますので、お支払いはリーズナブルに抑えながら、生活環境の変化にも対応しやすいプランです。

またもろコミ9はカーリースの契約期間が長いほど月額が安くなるという特性を利用した毎月の負担を抑えて長くじっくり1台のクルマに乗りたい方にピッタリのプランです。

どちらを選んでもリース期間中の税金や車検費用まで含まれていますので、毎月ずっと定額で計画的にクルマに乗ることが出来、最後はクルマが自分のものに出来るプランです。

 

さらに特選車についてご紹介しましょう。

特選車ならメンテナンスパックやナビ、ETCもコミコミ

カーコンカーリースのデメリットの所でメンテナンスプランが利用出来るのは軽自動車のみであることを説明しましたが、普通車でも簡易的ではありますがメンテナンスパックがコミコミでパッケージされた「特選車」が7年契約のみですが用意されています。

特選車に含まれるメンテナンスパックは以下のような簡易的な内容です。

  • エンジンオイル交換:13回
  • オイルエレメント交換:6回
  • ブレーキオイル交換:2回
  • ワイパーゴム交換:6回
  • 車検(基本料・税金・自賠責保険):2
  • 12ヶ月法令点検:4

タイヤやバッテリー本体の交換などは含まれていませんが、国産車の新車であれば上記内容のメンテナンスを行えば7年という期間では問題となることはほぼ無いはずです。

走行距離が多い人は別途タイヤ交換が必要になる程度と考えられます。

 

また、特選車にはメンテナンスパック以外に「アクセサリーセット」と呼ばれる、オプション品が料金に含まれているため、さらにお得です。

  1. カーナビ(SDナビ・フルセグTV)
  2. バックアイカメラ
  3. ETC(音声タイプ)
  4. フロアマット
  5. ドアバイザー

このような、誰もが取り付ける必需品とも言えるオプションが初めからセットされています。

さらに今なら特選車限定のお得なサービスも付いています!

  • 希望ナンバー
  • ドライブレコーダー(ドラレコ)

※特選車限定プレゼントは、「カーコンビニ倶楽部カード」のご加入が条件となります。

≫ 参考:カーコンカーリースもろコミはドライブレコーダーやナビETC付き?

 

このようにメンテナンスとアクセサリーがセットされた特選車は以前は一部の車種のみに設定されていましたが、現在はほとんど全車種で特選車が設定されています。

多くの費用が含まれるのに料金もお得な「特選車」はカーコンカーリースもろコミの中でも特におすすめです。

≫ 参考:カーコンカーリースもろコミの大本命「特選車」の特典がハンパない?

 

3. 車検の時もいつもと同じ定額支払いでOK

 

カーコンカーリースもろコミはメンテナンスパックなどのオプションに申し込まない基本料金でも車検の費用や税金などが含まれています。

  • 車両価格
  • 登録時手数料
  • 環境性能割
  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税

これだけの費用が基本料金に含まれているので契約期間中の支払いはほぼフラット化が可能、家計の見通しも良くなります。

4. 最短14日間で納車出来る即納車もあります

カーリースで申し込みから新車が納車されるまでに掛かる日数は通常1~2ヶ月くらいが標準的で、人気車種などを選ぶとさらに数ケ月の時間が必要になることも珍しくありません。

通常のカーリースの納車までの流れは以下のような感じです。

クルマ選び ⇒ 申込 ⇒ 審査 ⇒ オプションなどの打ち合わせ ⇒ 契約 ⇒ 新車を注文 ⇒ 新車登録 ⇒納車

このような流れで納車まで進んでいくのですが、ご覧の通り納車される新車はカーリース会社に在庫があるわけではなく、審査を通過して契約が結ばれた後にお客様のご希望の車種をオプションなども含めて自動車販売会社(カーディーラー)に発注するのが一般的です。

そのためカーリースは普通に新車を購入して納車されるまでの期間にプラスして申し込みから審査~契約までに掛かる数日がよけいに必要です。

しかし、カーコンカーリースもろコミではあらかじめ売れ筋の人気車種をストックして最短では14日間での納車を可能にしています。

納車の速さで言えば中古車の在庫を利用するカーリースが早いのですが、それでもクルマの登録に必要な車庫証明を取得するのに一週間ほどは掛かりますのでカーコンカーリースもろコミの即納車と大きな差はありません。

クルマを利用したい日程が迫っているけど中古車は抵抗がある方にはカーコンカーリースの即納車はおすすめです。

 

5. 国産自動車全メーカーの全車種から選べる

カーコンカーリースもろコミの公式サイトを見ると数多くの車種が掲載されていますが、じつはそれはほんの一部で全ての国産自動車メーカーの全車種を取り扱っています。

軽自動車からコンパクトカー、ミニバンやスポーツカーの他に軽トラックや軽バンなどの商用車まで用意されています。

 

中古輸入車も始めました

カーコンカーリースもろコミでは近頃中古の輸入車のカーリースも開始しています。

走行距離の少ない厳選された上質な輸入中古車が用意されています。

中古ですので手の届きにくい高級車もお手頃な料金でご利用出来ます。

≫ 参考:もろコミが中古外車のカーリース開始!アウディやワーゲンBMWが!最後はクルマがもらえる?

 

まとめ

今回はカーコンカーリースもろコミの契約する前に知ってほしい5つのデメリットをお知らせするのに併せて5つのメリットもお知らせしました。

デメリットの中でも強く感じるのが契約期間についてです。

実質的に5年と7年と9年だけしか選べませんので1~3年だけ新車のカーリースを利用したい人には最初から比較の対象外になってしまいます。

メリットの内容が素晴らしいだけに残念です。

しかし、契約期間がご希望と合致している方は幸運と言えるでしょう。

契約期間中の維持費も他社と比べると安く抑えることが出来、毎月定額で支払いを続ける分、最後はクルマを自分の物に出来るのですからね。

頭金0円でも毎月の定額支払いのみでも新車に乗れますので、ローンで新車の購入をお考えの方もご検討してみても良さそうです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

\カーコンカーリース公式サイトへ/

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーコンカーリースもろコミ, , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人向けカーリースなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ