カーリース コスモMyカーリース

免許取得と同時に車を購入?費用はどうする?まさかのダブルローン?

2019年10月27日

  • 18歳になったから自動車免許を取得して大学に通いたい!
  • 子供の習い事の送迎で免許と車が必要になった!
  • 交通の不便な土地へ転勤で免許と車が必要になった!

車の運転免許証と自動車が必要になる理由はさまざまですが、共通する1番の問題が「費用」です。

両方一緒となるとかなりの出費ですので用意するのは難しい方がほとんどではないでしょうか?

 

スポンサードサーチ

免許取得費用+クルマ購入費用=不可能?

 

いま、普通自動車の運転免許証を取得する費用はMT(マニュアル変速)でおおよそ30万円前後、AT(オートマ)ではそれより1~2万円程安くなるのが相場のようです。

この料金はスムーズに教習所を卒業できた場合の金額で、自動車免許の教習では検定に落ちてしまったり、もう少し練習をした方が良いと判断された場合は教習の追加が必要になるため、さらに追加料金が発生してしまうこともあります。

 

そして、クルマの購入費用ですが、例えば新車の軽乗用車を購入する場合、1番安いクラスのシンプルなタイプ(ミライースやアルト)ではオプションなどを含めた総額がおおよそ150万円弱ほど必要になり、人気の主流の背の高いスーパーハイトワゴン(N-BOXやタントなど)では200万円程の支払総額となります。

ホンダ N-BOX

免許の取得費用を30万円とするとクルマはシンプルなタイプを購入しても合計180万円弱くらいの金額が必要になるのです。少し豪華なタイプの軽自動車を購入すると総額は230万円程と非常に高額になってしまうのです。

ダイハツ ミライース

この程度の金額は問題ないという人もいらっしゃるかもしれませんが、「キツい!」と感じる方も多いのではないでしょうか?

銀行口座などに支払える残高があったとしても、一気に残高が減ってしまうのは何かあった時のことを考えると不安になってしまいそうですよね。

 

 

中古車はどうなの?

車を安く手に入れる方法として真っ先に思いつくのが「中古車」です。中古車なら間違いなく新車の購入費用よりも安く抑えることが出来るでしょう。

しかし中古車の中でも人気の車種で、比較的新しく、走行距離も少なく、事故などで修復した履歴のないような個体は故障の心配も少ない半面、価格も新車と大差ないのが一般的です。

また、格安な中古車は身近にクルマに詳しい人が居ない限りは、クルマに不慣れな初心者ドライバーにはおすすめ出来ません。安い中古車にはそれなりの「わけ」がありますので注意が必要です。

 

 

ローンを利用する?

上記のような高額な費用を用意できない、または支払ってしまうと何かあった時のことを考えると不安と思う人なら「ローン」をお考えになるかもしれません。

これなら貯金が無くても大丈夫です。また貯金が一気に減ることもありませんね。

 

免許の取得費用の約30万円は教習所のローン審査では高額ではないために問題になることは少ないでしょう。

しかし、クルマの購入費用のローンについては免許取得中や取り立てのドライバーには問題となってしまうことが2つあります。

  1. 頭金
  2. 審査

頭金について

最初は「頭金」の問題です。

車を購入するのが初めてであればご存知ないと思うのですが、自動車を購入するときにはクルマの車体の価格である「車両価格」と「消費税」だけでは自分のものにはできません。

コンビニで買い物をするときには全ての商品が商品代金+消費税で購入できますが、自動車の購入にはその他に税金や保険料金に登録のための手数料などの合計を支払わなければなりません。

車を購入する最初に掛かるその費用を「初期費用」と言いますが、ローンでの購入であってもその初期費用と車体価格の一部を現金や振り込みで「頭金」として支払いをするのが一般的で、新車を購入するときの頭金の相場は車両購入価格の20~30%くらいです。

 

つまり150万円のクルマでも30~45万円、200万のクルマでは40~60万円の頭金を用意しなくてはならないのです。

クルマの購入代金のためにローンを利用しても結局、頭金分の金額は用意する必要があるのです。

 

審査について

免許の取得費用や車の購入代金をローンで借りて支払うには初めに必ず「審査」を受けなければなりません。

その審査では主に何を見られるのでしょうか?

チェックするのは主に下記のようなポイントです。

  • 収入はどのくらい?:年収
  • 収入は安定している?:勤務先、勤続年数、正社員
  • 過去にお金にトラブルはないか?:信用情報機関で確認
  • 現在の借入金額:信用情報機関で確認
  • 持ち家?借家?

このようなところをチェックされます。

この審査はローンの申し込みが銀行と自動車販売会社(カーディーラー)などでは審査基準が違いますが基本は一緒です。

審査の基本はシンプルで、

「ちゃんと最後まで支払える人であるか?」

を知りたいのです。

審査には申し込み者本人の自己申告と一緒に、個人の過去の取引が記録されている「信用情報機関」でお金に関する過去のトラブルや現在の借り入れ金額がチェックされます。

 

今回のように免許取得と新車を同時にローンで申し込むケースでも、申し込む人に十分な年収があり、正社員として長くお勤めで過去にトラブルもなく、年収に対して現在の借入金額が多すぎることが無ければ問題なく審査をパス出来るでしょう。

しかし、申し込む人が若い方で年収も少なく勤続年数では1年未満であったり、非正規雇用で勤務している場合は審査には不利となってしまいます。

 

また半年以内に他のローン契約を2~3件した場合も審査落ちしてしまう可能性が高くなります。たとえば、免許取得費用のローン契約の他にスマホ本体の分割支払いやカードローンなどのローン契約を行い、その後に車の購入費用をローン契約しようとした場合は審査落ちしてしまう可能性が高いと言えるのです。

もちろん、過去に返済関係の遅延や滞納などがある場合は審査を通過するのは難しいと言えるでしょう。

 

このように運転免許の取得費用と車の購入費用をほぼ同時にローン契約をする場合は特に若い方には不利となってしまうことがあります。

 

免許取得費用と新車の費用がまとめて定額支払い?

上記の通り、運転免許の取得費用と車の購入を一緒にダブルでローンにすると頭金や審査も厳しくなってしまう問題があります。

特に新卒などで勤続年数が短い若い方が免許と車が必要になった場合は頭金を用意するのも、審査を通過するのも難しいでしょう。

 

しかし、そのような方に向けて、月々の定額支払いで免許取得と新車の費用がパッケージされたプランが近頃登場して話題になっていることをご存知でしょうか?

じつはこれはコスモMyカーリース・スマートビークルという「カーリース」の新しいプランなのです。

コスモMyカーリース・スマートビークルはテレビCMでご存知の方も多いかもしれません。

このプラン名は

めんくるパック

とネーミングされているのですが、その名の通り「めんきょ」と「くるま」が同時に申し込めるパッケージ商品です。

 

めんくるパックは提携している全国の自動車教習所での免許取得費用と新車のカーリース料金をまとめて月々定額支払いのみで利用できます。※頭金の支払いやボーナス支払いを併用して月々の支払額を抑えることもできます。提携の教習所は2019年度中に全国で500校を予定して順次拡大中です。

教習所や車のことが分からなくてもコスモMyカーリース・スマートビークルの専任カーライフコンシェルジュ(カーリースのプロスタッフ)が相談に乗ってくれますので心配ありません。

合宿免許が出来る?

免許の取得で気になるのが取得までの時間です。春休みや夏休み、入社までの限られた時間の中で免許を取得したい方は合宿で免許をと決めている方もいらっしゃるでしょう。

めんくるパックでは合宿コースを取り扱っている提携自動車教習所であれば、申し込みが可能です。

 

自分の好きな新車が選べる

カーリースは契約者の好みの車をカーリース会社が契約者に代わって新車を購入して、期間を決めて契約者に貸し出すサービスです。

教習所と同時に申し込めるめんくるパックではカーリースの契約期間はカーリース利用者で特に多い5年が基本ですが1年契約から5年契約の中から選ぶことも可能です。

頭金0円で月々定額支払いで乗れる新車の車種選びには制限が無く、国産全メーカーの全車種から好みの1台を選ぶことが出来ます。

クルマの選び方が分からなかったら専任カーライフコンシェルジュに相談すれば月々の予算や使い方、その他の好みを聞いてピッタリの1台を紹介してくれますよ。

 

点検やメンテナンスもお任せ出来る

初めてのマイカーであれば点検のことや消耗品の交換のことなどが心配ではないでしょうか?

カーリースではこのような車を安全に保つための整備などをプロにお任せ出来るメンテナンスパックが有料オプションとして用意されています。

めんくるパックでもメンテナンスパックはセット出来ますので車のことが分からなくても常に安全な状態のクルマに乗ることが出来ます。

 

支払いは月に1回のみ

教習所と車の購入を別々にローンを申しこんだ場合は当然ですが毎月の支払いも2回別々になり管理が面倒です。

しかし、めんくるパックなら月一回の支払いですのでシンプルです。

またメンテナンスパックに申し込めば車検を迎えても車検の基本費用は含まれていますので、月によって支払い金額がばらばらになることがほぼありません。

また高額な消耗品であるタイヤ4本の交換やバッテリーの交換などが必要になってもメンテナンスパック契約(ゴールドパック)があれば費用が含まれていますので支払いは月々の支払いのみで、別途支払いの必要がありません。そのため家計も安定するメリットがあります。

 

カーリースにも審査があります

カーリース会社は契約者の希望の新車をその都度カーディーラーから購入して貸し出しますので、しっかりリース料金を支払える人であるかを審査して問題が無ければ新車を購入します。

そのカーリースの審査でチェックされるポイントは基本的にはローンでクルマを購入する時と変わりません。

しかし、その審査基準がローンと比べるとカーリースは「甘い」または「緩い」というのが一般的です。

 

ローンでクルマを買う場合は車の購入金額から頭金を引いた金額を貸し出すことになります。

例えば総額200万円のクルマでは頭金として30%の60万円を支払うと残金は140万円ですので、140万円を貸し出すための審査を行います。

しかし、カーリースの場合はあくまでも車両を貸し出すサービスで、月々の支払いが滞るような時にはリース車両を回収して売却すればある程度の金額が回収できます。

 

クルマの購入のための「お金を貸す審査」とリース会社が所有している「車を貸し出すための審査」では厳しさに差があるのです。

ちなみにカーリースのクルマの車検証にはクルマの「所有者」の欄にはカーリース会社名が記載され、クルマの「使用者」の欄には契約者の氏名が記載されます。

まとめ

今回は免許取得とクルマの購入を同時に行う場合の費用に関して説明しました。

費用を合計するとかなりの高額になりますのでローンを利用する方も多いようです。

そのローンでの問題点が「頭金」と「審査」で、特に若い方などは不利になってしまうポイントがあります。

 

そして、そのようなローンの問題点あるために別の方法として免許取得費用とカーリースが一緒になっためんくるパックも紹介させていただきました。

ダブルローンを組むことに抵抗がある方や、審査や頭金に不安があるのであればカーリースも検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, コスモMyカーリース, , , , , , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ