カーコンカーリースもろコミ カーリース コスモMyカーリース ダイハツ 定額カルモくん 車種別

ムーヴカスタムのカーリース料金はいくら?ターボモデルで各社を比較

2020年3月28日

近頃の軽自動車の人気の主流となっているのは背の高いハイトワゴンと呼ばれるカテゴリーの車種です。

そのハイトワゴンの元祖がスズキのワゴンRですが、ワゴンRの初代モデルから長い間に渡りライバル関係にあるのがダイハツムーヴです。

95年にデビューしたダイハツムーヴはその後5回のフルモデルを行い、現在は2014年に発売された6代目のムーヴが販売されています。

そして、ムーヴには標準モデルの他に、内外装を専用パーツなどでカスタマイズされたスポーティーグレード「ムーヴカスタム」が初代モデルよりラインナップされ続けています。

 

6代目のダイハツムーヴは自動車の骨格となる部分が「Dモノコック」と呼ばれる構造に変更されるなど、自動車としての基本性能が飛躍的に向上しています。

そんなダイハツムーヴカスタムのリース料金は月々いくらになるのでしょうか?

 

今回は特に安さにこだわって比較してみます。

頭金も0円でボーナス加算もなしの均等払いでムーヴカスタムの新車に乗る場合の最安値を各社で比較してみましょう

この記事を読んで分かること

  • 主要大手カーリース会社のムーヴカスタムの月額・相場
  • 主要大手カーリース会社それぞれ独自の特徴

 

スポンサードサーチ

ムーヴカスタムはどんなクルマ?

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

軽自動車はどのメーカーも共通した軽自動車規格の決められた枠の中で設計されていますので、車体の長さや幅はどれも同じ寸法で作られています。

この限られた寸法の中で室内空間を広くとるには背を高くする以外に方法はありませんので、スズキワゴンRやダイハツムーヴは従来の軽自動車よりも車高の高いデザインを採用して「ハイトワゴン」と呼ばれるカテゴリーを作り出しました。

現在は更に背の高い「スーパーハイトワゴン」と呼ばれる軽自動車が登場していて、ダイハツでは「タント」がスーパーハイトワゴンのカテゴリーに該当しています。

車高が高い分、室内空間の広いダイハツタントがあるのに、なぜムーヴも販売され続けているのかといえば、それは実用的にムーヴおよびムーヴカスタムは「ちょうどいい」からではないかと考えられます。

ダイハツ タント 引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

実際にはタントとムーヴの床面積はほぼ同じで高さが違うだけです。それにもかかわらず車両価格にはかなりの差がありますので、大人4人と少しの荷物を運ぶのに十分な広さのあるムーヴを選ぶ人も少なくはないのでしょう。

ダイハツ ミライース 引用元:https://www.daihatsu.co.jp

ダイハツではその他に従来からある背の高くないハッチバックタイプの「ミライース」などもありますが、ミライースでは狭く感じる(実際に乗ってみると狭くありません)けど、タントまでの広さは必要ないとお考えの方にはムーヴはピッタリの選択といえます。

 

2014年に発売された現行の6代目ムーヴは標準モデルの「ムーヴ」と内外装がカスタマイズされた「ムーヴカスタム」の2本立てであることに変りは無く、基本は同じですのでムーヴカスタムも標準モデルのムーヴと使いやすさは同様です。

ハイトワゴンとしての発売はワゴンRに先を越されたダイハツムーヴですが、じつは今では多くの軽自動車に採用されているエアロパーツなどが装着された「カスタム」仕様をラインナップさせたのはダイハツムーヴが最初です。

ムーヴカスタム 引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

2017年のマイナーチェンジでは標準モデルの「ムーヴ」にもメッキグリルが採用され、内装も質感の高いガーニッシュなどが採用され高級感と使い勝手などを向上させました。

しかし、内外装に専用パーツが装着されトータルでカスタマイズされたカスタムの雰囲気はやはり別物でコンパクトながらも堂々とした存在感を持っています。

 

エンジンは自然吸気の3気筒エンジンと、3気筒ターボエンジンも用意され、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」の採用などで乗り心地や静粛性、そして操縦安定性が軽自動車の中ではトップクラスといってよいほど進化しています。

先代に比較して20キロもの軽量化を実現した車体と「Dモノコック」やエンジン本体の改良などにより燃費はJC08モードで25.6~31.0km/Lを実現しています。

 

くつろげるシックな室内空間

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

 

実際に乗り込んでみると分かるのがムーヴの室内の広さです。大人4人が寄ったりと座れる室内と荷室を備え、荷室からも操作できるリアシートのスライドや多彩なシートアレンジで荷物や人数による最適なレイアウトが簡単に行えます。リアシートのスライド量は240mmもありますので人数や荷物の量に合わせて最適な調整が可能です。

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

標準車のベージュ系のインテリアカラーからカスタムでは黒基調に変更され、各所にシルバー系のアクセントが施されることでシックで上質さを感じる空間にインテリアになっています。

このブラック系のインテリアは実車を見ると本当にカッコよくて軽自動車とは思えない雰囲気です。

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

リアゲートの開口部も低いために大きく重い荷物の積み下ろしも楽々行えます。

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

 

安全面も2017年の改良でクルマ以外に歩行者にも緊急ブレーキ対応するステレオカメラを採用したスマートアシストIIIに予防安全装備がグレードアップしました。

 

ムーヴカスタムのグレード

 

RS“ハイパー SA Ⅲ” 引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

クルマには装備やエンジンなどが違う数種類の「グレード」が用意されていることが一般的でムーヴカスタムにも5種類のグレードが用意されています。

全てのグレード2WDと4WDが選択可能で、トランスミッションは全てCVT(AT)となります。

ムーヴカスタムのグレード

  • X
  • X“Limited SA Ⅲ”
  • 特別仕様車 X“リミテッドⅡ SA Ⅲ”
  • RS“ハイパー SA Ⅲ”
  • 特別仕様車 RS“ハイパーリミテッド SA Ⅲ”

今回はムーヴカスタムですので最安グレードではなく、ターボエンジンや15インチアルミホイールなどが装着されたRS“ハイパー SA Ⅲ”で料金を比較してみたいと思います。

見た目だけではなく力強い加速感も味わえ、走りも楽しめるグレードです。

上級グレードであるため、Xなどのグレードを選んだ場合は今回の結果よりもリース料金がお安くなります。

ムーヴカスタム X

料金は各社公式サイトのカーリース料金シミュレーションより算出した金額となっています。

■グレード:ムーヴカスタム RS“ハイパー SA Ⅲ” 2WD CVT

■燃費JC08モード:27.4km/L

 

ムーヴカスタムのリース料金を比較

コスモMyカーリース・スマートビークル

他のリース会社が最長契約期間が9年であるのに対してコスモのマイカーリーススマートビークルの契約期間は3年、5年、7年ですので単純に月々のリース料金を比較してしまうと不利になります。※リース期間が長いほど月々のリース料金は安くなるため。

コスモMyカーリース・スマートビークルはクルマの整備やメンテナンスなどをお任せ出来るメンテナンスパックを3種類の中から選ぶことが出来ます。

  1. ホワイトパック:メンテナンス契約なし
  2. シルバーパック:簡易メンテナンス
  3. ゴールドパック:フルメンテナンス
リース期間 ホワイト シルバー ゴールド
3年 41,470円 43,670円 46,420円
5年 30,580円 33,330 36,080円
7年 25,740円 28,710円  31,460円

※月間走行距離1,000キロで計算

シルバーパックとゴールドパックにはリース期間分の「自動車税」、「自賠責保険料」、「重量税」が含まれますが、ホワイトパックに含まれるのは「自動車税」のみです。

 

コスモMyカーリース・スマートビークルのここがポイント

コスモのマイカーリーススマートビークルでは月間走行距離を500~1,500キロで選ぶことが出来、距離が多いほど月額料金は高くなります。当然500キロを選択すればお安くなりますが、やはり不安に感じ利方も多いようで、多くの方が1,000キロで申し込みをしているようです。

また、他社の7年契約の相場よりもコスモMyカーリース・スマートビークルが安くなる傾向があるのですが、コスモMyカーリース・スマートビークルは他社ではほとんどが標準で月々のリース料金に含まれる「自賠責保険料」と「自動車重量税」が含まれておりません。しかしその点はシルバーまたはゴールドのメンテナンスパックを選ぶことで追加することが出来ますのでフレキシブルなムダのない契約が可能であるともいえます。

 

9年の長期契約が無いことでコスモMyカーリース・スマートビークルが不利なように見えますが、じつは累計登録台数5万台を突破して、コスモMyカーリース・スマートビークルは大人気なのです。その理由のひとつとしては他社ではメンテナンスの時に指定の自動車整備工場まで出向かなくてはならないのに対してコスモのガソリンスタンドで給油から車検まで全てお任せ出来るのです。つまり使い勝手が抜群に優れているのですね。全国のスタンドを利用したロードサービスも利用出来るのでとても安心です。

またコスモMyカーリース・スマートビークルだけはリース終了後に車がもらえるようなシステムがないのですが、実際にはカーリース利用者で終了後に買取などをして乗り続ける人は全体の10%ほどで、多くの方は新しい新車のリース車両に乗り換えています。月々定額で新車を乗り継いでいけるのがカーリースのメリットなのですが実際にもそのメリットを利用する人が多いようです。

 

 

 

定額カルモくん

定額カルモくんの契約期間は1年から11年まで1年刻みで出来るのがポイントです。

メンテナンスパックは上記コスモMyカーリース・スマートビークルと似た構成です。

  1. ホワイトプラン:メンテナンス契約なし
  2. シルバーメンテプラン:簡易メンテナンス
  3. ゴールドメンテプラン:フルメンテナンス
  4. プラチナメンテプラン:ゴールド+メーカー保証延長
期間 ホワイト シルバー ゴールド プラチナ
1年 82,720円 86,570円 87,690円
2年 52,580円 56,430円 57,550円
3年 40,700円 44,550円 45,670円
4年 36,080円 39,930円 41,050円 42,060円
5年 31,900円 35,750円 36,870円 37,880円
6年 29,700円 33,040円 34,160円 36,180円
7年 27,720円 31,060円 32,180円 34,200円
8年 25,630円 28,970円 30,090円 32,110円
9年 23,540円 26,880円 28,000円 30,520円
10年 22,330円 25,670円 26,790円 29,310円
11年 20,900円 24,240円 25,360円 27,880円

■リース料金に含まれるもの

  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税

※全てのメンテプランに含まれます。

■オプションでリース終了後車がもらえる「乗り放題オプション」※旧もらえるプラン

  • 契約期間は7年以上
  • 対象車種は軽自動車とコンパクトカー

オプション料金(乗り放題オプション加算額)

  • 500円/月

※「乗り放題オプション」はダイハツムーヴカスタムも利用可能です。

 

定額カルモくんのここがポイント

定額カルモくんは初心者や運転に自信のない方にも優しいカーリースです。それはメンテナンスパックのゴールドおよびシルバーを申し込むと付いてくる補償によって、リース終了時にキズや凹み、室内の汚れなどがあっても軽自動車で15万円、その他で18万円まで修理代を負担してくれるというもので、業界唯一のものです。

さらに軽自動車とコンパクトカー限定で「乗り放題オプション」が追加設定され、7年以上の契約では月500円の加算でリース終了後に車がもらえるようになります

 

カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミは契約期間が7年と9年から選ぶことが出来ますがリース期間終了まで乗るとクルマがもらえるようになるという特徴があります。

■均等支払い(頭金・ボーナス支払い無し)

7年契約:29,700/月

9年契約:25,080/月

■ボーナス併用支払い(頭金なし)

7年契約

  • 月々支払額: 13,310(税込)
  • ボーナス月加算額:98,340円(税込)年2回

9年契約

  • 月々支払額:13,310(税込)
  • ボーナス月加算額:70,620円(税込)年2回

■リース料金に含まれるもの

  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 車検無料クーポン

■特徴

  • リース終了後車がもらえる
  • 車検の基本料金が最初からコミコミ

 

カーコンカーリースもろコミのここがポイント

カーコンカーリースもろコミの契約期間7年と9年ではどちらの期間を選んでもリース期間終了後には車がもらえます。またリース期間分の車検無料クーポンがもらえますので期間中の維持費も低く抑えることが出来ます。

7年契約には「特選車」と呼ばれる車が用意され、カーナビやETCなどのアクセサリーとメンテナンスパックがリース料金据え置きでお得に利用出来るものですがムーヴカスタムは調査日では特選車に設定されていませんでした。

カーコンカーリースもろコミは7年契約と9年契約共にリース期間満了の2年前より返却と乗り換えが出来ますが、その場合はクルマをもらうことは出来ません。リース期間終了まで乗ることでクルマがもらえるようになります。

 

料金を比較してみましょう

 

上記のカーリース月額料金を比較表にしてみました。

期間 コスモ カルモ もろコミ
3年 41,470円 40,700円
5年 30,580円 31,900円
7年 25,740円 27,720円 29,700円
9年 23,540円 25,080円
10年 22,330円
11年 20,900円

※コスモはホワイトパック、カルモはホワイトプランの料金です。

月々の支払額で1番安いのは11年契約のある定額カルモくんで20,900円の均等支払いでした。1日当たり697円でダイハツ ムーヴカスタムの新車に乗れることになります。

コスモMyカーリース・スマートビークルは5年、7年が安いのですがコスモMyカーリース・スマートビークルの料金は「ホワイトパック」の料金ですので注意が必要です

コスモMyカーリース・スマートビークルの「ホワイトパック」は定額カルモくんやカーコンカーリースもろコミ、定額ニコノリパックでは基本料金に含まれている自賠責保険料と重量税が含まれていません

※ホワイトパックにオプションでプラスするか、シルバーパックかゴールドパックを選べば自賠責保険料と重量税が含まれます。

自賠責保険料と重量税は車検の時に必ず支払う費用ですので、車検を通す必要のない3年契約では問題がありませんが、5年以上の契約では基本料金に含まれていない場合は別途支払いが必要になります。

例えば7年契約でコスモMyカーリース・スマートビークルの「シルバーパック」にすれば自賠責保険料と重量税も含まれ同じ条件となりますが7年契約で月々28,710円になるためカルモの方がお安くなります。

カーリース各社で基本料金やメンテナンスプランに含まれる内容が違いますので下記の参考記事などをお読みになり、内容をしっかり確認してから契約をすることが大切です。

 

まとめ

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

今回は人気のダイハツムーヴカスタムのリース料金を単純に一番安いのはいくらなのか?を大手主要カーリース会社で比較してみました。

結果としては定額カルモくんが安いことが分かりました。

頭金なし、月々20,900円の均等支払いのみでボーナス時の加算もなくムーヴカスタムの上級グレードの新車に乗れますのでお得です。※1日当たり697円

人気車種であるムーヴカスタムは中古車でも新車と変わらない価格であることが多いため、頭金無しで月々2万円程で新車に乗れるのはカーリースならではのメリットです。

 

しかし7~9年と契約期間の長いカーリースですからリース期間中に気楽にメンテナンスなどが出来るかなど総合的に考える必要があります。

今回の3社ではコスモMyカーリース・スマートビークルはコスモ石油のガソリンスタンドで全てお任せ出来るのがメリットであると言えます。

月々の料金の安さも大切ですが、リース期間中の使いやすさも考慮して、あなたにぴったりなリース会社やプランをお選びください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーコンカーリースもろコミ, カーリース, コスモMyカーリース, ダイハツ, 定額カルモくん, 車種別, , , , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ