カーリース クルマの安全 定額カルモくん

カーリースで事故!修理代の支払いは?全損の解約金を支払えだと!?

2019年1月1日

交通事故は初心者、ベテランドライバーを問わずいつでも起こしてしまう可能性があります。

もし、カーリースの車両で事故を起こしてしまったらどうなるのでしょうか?

購入した車とリースでの違いはあるのでしょうか?

修理代金の負担や修理できない全損事故の場合はどうなるのか?

 今回はその答えと事故の対応や任意保険についてまで説明しますのでカーリース申し込み前にぜひ読んでみてください。

 

スポンサードサーチ

事故直後の対応

事故を起こしてしまっても、起こされてしまっても最初に行うのは、

けが人の救護です。

しかし、救護するときは

後続車などが追突して二次事故が起こらないか確認しながら

けが人の確認をしましょう。

 

よく、このような記事ではけが人の救護をしてから、

二次事故の対策を行うとされているものが多くありますがとても危険です。

 

特に高速道路などではなるべく早く道路上から非難するのが優先です。

事故で助かっても事故後に車外に出たところを跳ねられてしまう事故のニュースを最近よく聞くと思います。

 

事故直後にやることは、

  • 後続車の追突などを確認しながらけが人の救護
  • 消防(119番)と警察(110番)へ通報します
  • 加入中の任意保険会社に連絡をする
  • カーリース会社に連絡をする
  • 事故の相手の名前や住所などの連絡先と車のナンバーを確認しておく

※警察には必ず事故届けをする必要があります。

※また事故直後に相手の方と示談交渉はしないでください。

 

このようにカーリースであっても事故後にやることは、購入した車で行うこととほぼ変わりありません。

けが人の救護と周りの安全確認を最優先して行ってください。

 

カーリース車両が全損になってしまった場合

事故により、リース車両が修理不能な「全損」となってしまった場合は自動的(強制的)に

中途解約

となります。

 

中途解約となった場合は

残りのカーリースの期間分の料金を全て支払わなくてはならない

のでとてもキツイです。

 

車が無くなって残金全部払うのって苦行以外のなにものでもありません・・・

 

でも解決策があります。

それが任意保険の加入です。

 

任意保険は相手に怪我(対人)や車など(対物)に対する補償をしてくれるものですので、

これに「車両保険」をプラスしておけば自分のリース車両の全損による解約金をカバーしてくれます。

※保険会社によって車両保険にも違いが有りますので確認しておく必要があります。

 

全損ではない事故の修理費は?

修理で治る場合は修理の代金の負担や修理の手配も契約者が行う必要があります

そのため上記のように車両保険が付いた任意保険の加入がおすすめです。

 

小さな傷や凹みは気にしない方なら

修理せずにそのまま乗り続けることもあると思いますが、

リース終了時に傷や凹みの

補修費用を請求されてしまうことがあります。

 

そのため、なるべく補修しておいたほうが良いのですが、

そのような修理代を限度額まで補償してくれる

カーリースが登場して話題になっています。

※メンテナンスプランの加入で補修料金の補償を受けることが出来ます。

 

そのような補償があるのは現在

定額カルモくんの1社だけ

なのですが、初心者や運転に自信がない方には安心で好評のようです。

参考:カーリースの落とし穴「違約金」回避OKは定額カルモくんだけ!?

 

カーリース料金に含まれている自賠責ではダメなの?

多くのカーリースのには

車検時に支払う重量税と自賠責保険料

が含まれていますので車検時も出費の大きな変化が無いのがメリットです。

 

その自賠責保険では修理代や全損時の解約金の支払いは対応していないのでしょうか?

 

自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、自動車を使うには

法律で加入が義務付けられている保険です。

 

しかし、自賠責保険は事故の相手の人のみにしか効力はありません。(対人賠償)

そのため、ダメージを与えてしまった相手の車や物など

物的損害に関しては一切保険の適用がないのです。

 

また自賠責保険は対人賠償には限度額があるのでカバーできない金額を任意保険に加入してまかなう必要があります。

 

任意保険に加入していないで事故を起こしてしまい、相手(被害者)がいた場合は自分の車の修理代やリースの解約金などの前に相手に対する巨額の賠償金が必要になります

人生終わります

そのため、車に乗るのであれば任意保険は「任意」ではありますが、ほぼ強制保険であると考えましょう。

 

そして、忘れてはならないのが任意保険に「車両保険」をプラスすることです。

これで

対人+対物+自分自身+自分の車

の補償が可能になります。

車両保険をプラスすると任意保険の料金が若干高くなりますが、万が一を考えて必ず加入するようにしましょう。

全損時の解約金もほぼカバーできますので安心です。

自動車保険一括見積もりでカーリースの任意保険を探す⇒

現在加入の任意保険の等級を引き継げます

現在、自家用車用に加入している任意保険はカーリースでも引き継ぐことが可能です。

等級も引き継げますので、等級が高い方は割引での料金の安さなどの恩恵もそのまま受けることが出来ます。

 

まとめ

今回はカーリースで事故を起こしてしまったときの修理代や全損時の扱いについて説明させていただきました。

任意保険の支払いは大変ですが万が一のためにも必ず加入することを忘れないでください。

限りなく万が一の時のリスクをゼロにして、カーライフを楽しみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, クルマの安全, 定額カルモくん,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ