カーリース コスモMyカーリース 未分類

カーリースでスタッドレスタイヤ交換は改造カスタムNGだからダメ?

2019年12月8日

カーリースの共通したルールとして、

改造やカスタムは禁止

というものがあります。

つまり、カーリースの契約期間が終わり、クルマを返却する時には最初に新車を借り受けたときの状態でなければペナルティが発生してしまうことになるのです。

それでは、冬にスタッドレスタイヤが必要な地域にお住いの人はスタッドレスに交換できないのか?というのが今回のお話です。

 

スポンサードサーチ

カーリースは「原則」改造やカスタマイズが禁止されています

降雪の多い地方にお住まいであれば、冬にスタッドレスタイヤを履いていない車に乗るなんて、危険すぎて考えることも出来ないでしょう。

雪道だけではなく、凍結した道路もノーマルタイヤ(夏タイヤ)では「走る」「曲がる」「止まる」の全ての操作が不可能ですので同様に危険です。

 

そのためスタッドレスタイヤに交換が出来ないのなら雪国ではカーリースは利用できないことになりますが、その心配は不要です。

カーリースはカスタマイズや改造は「原則として」禁止されていますが、あくまでも原則であって、クルマを返却するときに最初の状態に戻しておけばペナルティなどは無いというのが一般的です。

Q:カー用品等の後付けはできますか

A:ETC車載器やカーナビ、アルミホイール等のカー用品をご自由にお付けいただくことが可能です。但し、違法改造はできません。お車の返却時にお取り外し頂き、原状復帰をお願いしております。また、原状復帰に伴う費用はお客様のご負担とさせて頂いております。

 

引用:定額カルモくんよくある質問

このようにカーリースの公式サイトでも元に戻して(現状復帰)返却すれば問題が無いということが記載されていますので、リース期間中に冬の季節はスタッドレスタイヤにホイールごと交換しても返却する時に最初から装着されていた純正のタイヤ+ホイールのセットに戻せば大丈夫ということになりますね。

ここで注意してほしいのが取り外した純正のタイヤ+ホイールの保管についてです。万が一スタッドレスタイヤを使用中に最初から装着されていた純正のタイヤ+ホイールのセットを紛失してしまったり使用できなくなるようなダメージがある場合は、やはりペナルティとなり清算が必要になってしまいますので注意しましょう。※家族が邪魔だからと処分してしまうことが意外と多いんです・・・

 

スタッドレスタイヤの購入

スタッドレスタイヤの購入は季節によって金額などが違いますので「買い時」に購入するのがおすすめです。

ストーブやエアコンなどと同様に季節商品でもあるスタッドレスタイヤは時期を外してしまうと売れなくなるために、メーカーは売れ残りを防ぐために生産数を調整しています。

 

そのため、シーズン前に間に合うように生産を行い、本格的な冬になると売れ筋のサイズから売り切れになり始めるため、自分の車にピッタリのサイズが完売で手に入らないこともあるのです。

スタッドレスタイヤを購入するおすすめの時期は「雪の降る1か月前」とされ、メーカーもそれに合わせるように生産しています。

初雪の時期は全国では以下のように差があります。

  • 札幌:10月28日
  • 仙台:11月24日
  • 新潟:11月24日
  • 東京:1月3日
  • 長野:11月21日
  • 名古屋:12月20日
  • 京都:12月15日
  • 大阪:12月22日
  • 広島:12月11日
  • 福岡:12月15日
  • 鹿児島:1月2日

※ウィキペディア(Wikipedia)に国内各地の1981~2010年の初雪の平均値より

この1か月前を目安にスタッドレスタイヤを扱うカー用品店やガソリンスタンドなどに相談をするようにすれば満足なお買い物が出来ますので忘れないようにしましょう。

購入するにはどうすればよいの?

スタッドレスタイヤはタイヤ本体だけではなく、ホイールと呼ばれる金属の車輪とのセットで購入することになります。

そのタイヤとホイールにはそれぞれサイズがあります。

たとえばホンダN-BOXでは

  1. ホイール:4.5J×14
  2. タイヤ:155/65R14

このような難しい数字や記号などが並びますが、分からなくても大丈夫です。

簡単なのは取り替えたい車に乗っていけばプロがピッタリのサイズのタイヤ+ホイール+工賃の見積もりをしてくれます。

軽自動車でも3万円程となり、決して安い買い物でもないので数件の店舗で見積もりを取ることもおすすめです。

また車に詳しい方に相談して、ネットショッピングで探せば格安の商品が見つかるかもしれません。

 

今まで乗っていたスタッドレスタイヤは使えないの?

今まで乗っていたクルマのスタッドレスタイヤが残っていた場合、同じクラスの車であれば流用して使うことが出来る可能性もあります。

たとえば軽自動車から同じ軽自動車に乗り換えるのであればホイールの取り付けには問題が無いことが多く、タイヤのサイズも幅や外径が1~2センチ程度の違いであれば問題なく使える可能性が高いと言えます。カーリースの納車の時には自宅にカーディーラーが新車を届けてくれるのが一般的ですので、そのタイミングで保管している前のクルマのスタッドレスタイヤが使用できるか聞いてみたり、メンテナンスを行うときに1本だけ積んで行って確認してみるのもよいでしょう。

スタッドレスタイヤ自体にはミゾがたっぷりあってもヒビが発生していたり、経年劣化で使用できないこともありますので、一度プロに見てもらうことをおすすめします。

 

スタッドレスタイヤの寿命は夏タイヤとは違う?

スリップサインの出た夏タイヤ

夏用のノーマルタイヤには「スリップサイン」というものがあるのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

スリップサインはタイヤの溝の底部分に1段高い部分があり、タイヤがそこまですり減ってくると残りの溝が1.6mmとなり、特に雨の時などはスリップしやすくなるために交換が必要であることを示すものです。当然スリップサインまですり減ったタイヤでは車検を通すことはできません。

しかし、冬用のスタッドレスタイヤの溝にはスリップサインの他にもう一つ、タイヤの溝の底から5mmほどの高さに「プラットフォーム」と呼ばれる部分が加えられています。プラットフォームまですり減ってしまうと、夏タイヤとしてはまだ使用出来ますが、冬の雪道やアイスバーンで使用する能力はもう無くなっているため危険であることを示します。

 

スタッドレスタイヤはカーリースに含めることが出来る?

上記ではカーリースの車にご自分でスタドレスタイヤを購入して取り付ける際のポイントなどを説明させていただきました。

しかしカーリースでは購入しなくてもカーリースのオプションとしてリース料金に含めて契約することが可能です。

カーリースは国産メーカーの全車種から全グレード、ボディーカラー、純正オプションなどをまるで新車を購入するのと同じように自由に選べることも特徴ですが、スタッドレスタイヤなどもオプションとして含めることが出来るカーリース会社があります。公式サイトのネット申し込みでスタッドレスタイヤを希望できるものや、契約前に担当者と最終的な打合せの時に希望を伝えてスタッドレスタイヤをリース契約に含めるようなものまで、申し込むリース会社によって違いがあります。

たとえば、コスモ石油のカーリース、コスモMyカーリース・スマートビークルではオプション選択画面で上記のように寒冷地仕様や冬タイヤ(=スタッドレスタイヤ)の希望をチェックマークを付けるだけで、申し込み後に見積もりを出してくれますので、簡単にスタッドレスタイヤを契約に含めることが可能です。もちろん申し込む車にピッタリのタイヤを用意してくれますので、こちらからサイズなどを説明する必要はありません。

:冬タイヤを付けたい場合は?

:ご自身にてご用意していただくか、リース料に含めることも可能でございます。冬タイヤの金額に関しましては別途ご相談ください
※ネットでのお見積りには冬タイヤ料金は含まれておりません。

出展:コスモMyカーリース・スマートビークルよくあるご質問

スタッドレスタイヤをリースに含めるメリットとデメリット

スタッドレスタイヤはカーリースに含めて契約することが出来るのですがこれにはメリットとデメリットがあります。ご自分には購入するかカーリースに含めるかの判断材料にしてみてください。

最初にメリットとしては、当たり前ですがスタッドレスタイヤを何も迷わず楽に用意出来ることです。全てお任せで意思表示するだけで納車の時にスタッドレスタイヤを用意してくれますので、タイヤショップやカー用品店に自分で行き、見積りを取ったり、タイヤを受け取り(交換)に行く手間も時間も不要です。またカーリースに含めれば分割して毎月のリース料金に加算されて支払うことになりますので、購入して一括で支払うような負担も不要になります。

 

これに対してデメリットは購入するよりも支払額の合計が高くなることです。

スタッドレスタイヤを購入する場合は値引き率の高いショップを選んで購入することが可能ですが、カーリースと一緒に申し込む場合は値引きはほとんど期待できずに、さらに金利まで掛かりますので、支払い総額を比較すると高額になる可能性が高くなります。

またカーリースで同時にスタッドレスタイヤを申し込んだ場合はリース終了後には一緒に返却することになりますが、購入した場合は自分のものですので、次に乗り換えるクルマにサイズが合えば流用することが出来たり、ヤフオクなどのオークションやメルカリなどのフリマアプリで売却すれば現金化することも可能です。

さらに細かく言えば、カーリースに含めた場合は指定の工場でメンテナンスを行うため毎年のタイヤ交換で指定工場が遠い場合は近所で購入した方が交換のための時間や手間も少なくなります。

 

まとめ

カーリースの車でも最終的にクルマを返却する時に元に戻せばリース期間中にパーツを交換してカスタマイズされた車でカーライフを楽しむことが出来ます。

その中に当然タイヤとホイールのセットも含まれますのでスタッドレスタイヤを交換するのは気にせずに行って大丈夫です。

 

そのスタッドレスタイヤを導入する方法ではリースに含めてしまう方法と、購入してしまう方法がありますが、カーリースに含めるのは簡単ですが少し料金が高くなることを説明させていただきました。

近年の異常気象により、従来積雪がほとんどない地域でも突然の大雪に見舞われることが少なくないようです。そのため、できればカーリースを利用する前にはスタッドレスタイヤも予算に組み込んで検討することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, コスモMyカーリース, 未分類, , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ