カーリース コスモMyカーリース ダイハツ 定額カルモくん 車種別

コペンエクスプレイのカーリース料金を比較1~11年で安いのは?

ダイハツコペンは軽自動車でありながら自動開閉式の屋根「アクティブトップ」を採用した2シーターオープンスポーツカーで現在販売されているのは2014年に発売された2代目となります。

2代目のコペンは初代コペンからの1番の特徴である「アクティブトップ」に加えて「コペンローブ」、「コペンエクスプレイ」、「コペンセロ」、「GR SPORT」という4種類の外装デザインが用意され、さらに好みに応じて3種類のデザインの外装を手軽に交換することが出来る「ドレスフォーメーション」と呼ばれるカスタムも可能です。

 

その4種類の中でもコペンエクスプレイ(COPEN XPLAY)はフェンダー部分をクロスオーバーSUVのようにブラックアウトとしたデザインで従来のオープンカーには無かった斬新なスタイルで人気が高く、カーリースでも各社で常に「ご指名」での申し込みの多い人気車種となっているようです。

 

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

そんなコペンエクスプレイ(COPEN XPLAY)のリース料金は月々いくらになるのでしょうか?

頭金も0円でボーナス加算もなしの均等払いで新車に乗る場合の最安値を各社で比較してみましょう

この記事を読んで分かること

  • 主要大手カーリース会社のコペンエクスプレイの月額
  • 主要大手カーリース会社それぞれ独自の特徴

 

スポンサードサーチ

コペンエクスプレイ(COPEN XPLAY)はどんなクルマ?

 

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

初代(先代)ダイハツコペンは2002年に発売された軽自動車規格のオープンカーで、軽市販車では初となる電動油圧ポンプの開閉式ルーフのアクティブトップを採用して高い注目を浴びて登場しました。

コペンという車名はもともとは軽自動車のオープンカーということで「KOPEN」としてモーターショーで発表されましたが2002年の発売時には「COPEN」に改められました。

アクティブトップがルーフの開閉に掛る時間は20秒で、オープン時はリアのトランクスペースに格納されます。

 

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

2代目となる現行モデルのコペンは2014年6月に「ローブ」が発売され、同年11月にSUVテイストなデザインが与えられた「クロスプレイ」が発売され、「セロ」は2015年6月に少し遅れて発売が開始されています。

さらに2019年にはトヨタの販売店(カーディーラー)でも販売される「GR SPORT」も発売されてコペンは4タイプのデザインを選べるようになっています。

 

ドレスフォーメーションでイメチェンOK

2代目に変わった現行型のコペンの1番の話題がドレスフォーメーションと呼ばれる好みに応じて様々なスタイルバリエーションを楽しめることです。

これは新たな車体の基本構造「D-Frame」によってクルマの骨組みをしっかりと作り上げることが出来たために、通常ではクルマの骨組みとなるために丈夫な鉄などで作らなくてはならない車体の表面部分を軽量でデザインの自由度が高い樹脂で作ることが可能になり、さらにその樹脂製の部分を自由に交換が出来るようにしたのです。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

そのため納車された後でも好みに応じて自由に車のイメージチェンジが可能になりました。

イメージチェンジはフルセットで行うことも、フロントのみやリアのみなど部分的にも交換が可能です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

アクティブトップで自動オープン

4タイプのコペンの共通する1番の特徴はなんと言っても軽自動車という限られた規制の中で自動開閉ルーフの「アクティブトップ」のメカニズムを詰め込んでいるにも関わらずデザイン的にも無理を感じないことです。

そしてこのような生産台数が多くは多くは望めない特殊な車種でありながらも価格は特殊ではなく普通の軽自動車+少々の価格に抑えられていることも凄いことです。

開放感は抜群

コペンは他社のオープンカーと比較しても開放感が抜群です。

近頃のオープンカーではフロントウインドウの上端が運転席の頭部近くまで覆いかぶさるようにデザインされたものが多い中、コペンはフロントウインドウの傾斜が浅いためにウインドウが遠く閉鎖間の無いオープンカーらしい開放感溢れるものとなっています。

 

さらにオープンカーでありながら実用性も高いのがコペンの特徴で、屋根を閉じた状態であればリアのトランクにはゴルフバックも収納できるほどの容量があります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

このようなオープンを自動で楽に行えて開放感も抜群で、ほどほどの積載が可能なトランクを持ち実用性も高いコペンはライバルとされるホンダのS660と比較しても多くの点で圧倒的に優位に立ちます。

 

ダイハツコペンのグレード

 

クルマには装備やエンジンなどが違う数種類の「グレード」が用意されていることが一般的ですがコペンシリーズ少しは特殊です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

つまり、コペンという同じ名前で中身は全て同じですが、外装デザインの全く異なる4車種があり、またそれぞれにグレードがあります。

車種名では「コペン ローブ」「コペン エクスプレイ」「コペン セロ」に別れ、それぞれに標準グレードと「S」という上級グレードが用意されています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

※「GR SPORT」は1グレードのみ

コペンのグレード

  • コペン ローブ:標準グレードと「S」
  • コペン エクスプレイ:標準グレードと「S」
  • コペン セロ:標準グレードと「S」
  • コペン GR SPORT

「コペン ローブ」は2代目コペンの最初から販売されたスタンダードモデルで「コペン エクスプレイ」は第二弾としてSUV的なテイストのデザイン、そして「コペン セロ」は初代コペンのイメージの丸いヘッドライトやテールライトを初めとした曲線を多く採用したデザインです。

 

今回は料金を比較するのは人気のコペンエクスプレイの標準グレードで行います

料金は各社公式サイトのカーリース料金シミュレーションより算出した金額となっています。

■グレード:コペンエクスプレイ(COPEN XPLAY)標準グレード CVT(AT)

■燃費WLTCモード:19.2km/L 

 

コペンエクスプレイのリース料金を比較

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

コスモMyカーリース・スマートビークル

コスモのマイカーリーススマートビークルの契約期間は3年、5年、7年です。

コスモMyカーリース・スマートビークルはクルマの整備やメンテナンスなどをお任せ出来るメンテナンスパックを3種類の中から選ぶことが出来ます。

  1. ホワイトパック:メンテナンス契約なし
  2. シルバーパック:簡易メンテナンス
  3. ゴールドパック:フルメンテナンス
リース期間 ホワイト シルバー ゴールド
3年 42,680円 44,880円 47,630円
5年 31,460円 34,210 36,960円
7年 27,060円 30,030円  32,780円

※月間走行距離1,000キロで計算

シルバーパックとゴールドパックにはリース期間分の「自動車税」、「自賠責保険料」、「重量税」が含まれますが、ホワイトパックに含まれるのは「自動車税」のみです。

 

コスモMyカーリース・スマートビークルのここがポイント

コスモのマイカーリーススマートビークルでは月間走行距離を500~1,500キロで選ぶことが出来、距離が多いほど月額料金は高くなります。当然500キロを選択すればお安くなりますが、やはり不安に感じ利方も多いようで、多くの方が1,000キロで申し込みをしているようです。

また、他社の7年契約の相場よりもコスモMyカーリース・スマートビークルが安くなる傾向があるのですが、コスモMyカーリース・スマートビークルは他社ではほとんどが標準で月々のリース料金に含まれる「自賠責保険料」と「自動車重量税」が含まれておりません。しかしその点はシルバーまたはゴールドのメンテナンスパックを選ぶことで追加することが出来ますのでフレキシブルなムダのない契約が可能であるともいえます。

 

9年の長期契約が無いことでコスモMyカーリース・スマートビークルが不利なように見えますが、じつは累計登録台数5万台を突破して、コスモMyカーリース・スマートビークルは大人気なのです。その理由のひとつとしては他社ではメンテナンスの時に指定の自動車整備工場まで出向かなくてはならないのに対してコスモのガソリンスタンドで給油から車検まで全てお任せ出来るのです。つまり使い勝手が抜群に優れているのですね。全国のスタンドを利用したロードサービスも利用出来るのでとても安心です。

またコスモMyカーリース・スマートビークルだけはリース終了後に車がもらえるようなシステムがないのですが、実際にはカーリース利用者で終了後に買取などをして乗り続ける人は全体の10%ほどで、多くの方は新しい新車のリース車両に乗り換えています。月々定額で新車を乗り継いでいけるのがカーリースのメリットなのですが実際にもそのメリットを利用する人が多いようです。

 

定額カルモくん

定額カルモくんの契約期間は1年から11年まで1年刻みで出来るのがポイントです。

メンテナンスパックは上記コスモMyカーリース・スマートビークルと似た構成です。

  1. ホワイトプラン:メンテナンス契約なし
  2. シルバーメンテプラン:簡易メンテナンス
  3. ゴールドメンテプラン:フルメンテナンス
  4. プラチナメンテプラン:ゴールド+メーカー保証延長
期間 ホワイト シルバー ゴールド プラチナ
1年 100,034円 103,884円 105,004円
2年 61,292円 65,142円 66,262円
3年 47,575円 51,425円 52,545円
4年 40,931円 44,781円 45,901円
5年 36,179円 40,029円 41,149円
6年 33,638円 36,978円 38,098円 40,118円
7年 32,747円 36,087円 37,207円 39,227円
8年 29,766円 33,106円 34,226円 36,246円
9年 27,225円 30,565円 31,685円 34,205円
10年 25,575円 28,915円 30,035円 32,555円
11年 23,914円 27,254円 28,374円 30,984円

■リース料金に含まれるもの

  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税

※全てのメンテプランに含まれます。

■オプションでリース終了後車がもらえる「乗り放題オプション」※旧もらえるプラン

  • 契約期間は7年以上
  • 対象車種は軽自動車とコンパクトカー

オプション料金(乗り放題オプション加算額)

  • 500円/月

※「乗り放題オプション」はコペンエクスプレイ(COPEN XPLAY)も利用可能です。

 

定額カルモくんのここがポイント

定額カルモくんは初心者や運転に自信のない方にも優しいカーリースです。それはメンテナンスパックのゴールドおよびシルバーを申し込むと付いてくる補償によって、リース終了時にキズや凹み、室内の汚れなどがあっても軽自動車で15万円、その他で18万円まで修理代を負担してくれるというもので、業界唯一のものです。

さらに軽自動車とコンパクトカー限定で「乗り放題オプション」が追加設定され、7年以上の契約では月500円の加算でリース終了後に車がもらえるようになります。※コペンエクスプレイ(COPEN XPLAY)も利用可能

 

料金を比較してみましょう

 

上記のカーリース月額料金を比較表にしてみました。

期間 コスモマイカーリース 定額カルモくん
3年 43,340円 47,575円
5年 32,120円 36,179円
7年 27,610円 32,747円
9年 27,225円
10年 25,575円
11年 23,914円

※コスモはホワイトパック、カルモはホワイトプランの料金です。

月々の支払額で安いのは11年契約のある定額カルモくんで23,980円の均等支払いでした。1日当たり約797円でコペンエクスプレイの新車に乗れることになります。

コスモマイカーリースは3年~7年契約が安いのですがコスモMyカーリース・スマートビークルの料金は「ホワイトパック」の料金ですので注意が必要です

コスモMyカーリース・スマートビークルの「ホワイトパック」は定額カルモくんでは基本料金に含まれている自賠責保険料と重量税が含まれていません

※ホワイトパックにオプションでプラスするか、シルバーパックかゴールドパックを選べば自賠責保険料と重量税が含まれます。

自賠責保険料と重量税は車検の時に必ず支払う費用ですので、車検を通す必要のない3年契約では問題がありませんが、5年以上の契約では基本料金に含まれていない場合は別途支払いが必要になります。

例えば7年契約でコスモMyカーリース・スマートビークルの「シルバーパック」にすれば自賠責保険料と重量税も含まれ同じ条件となりますが月々30,030円になるためカルモとの差額は少なくなります。

カーリース各社で基本料金やメンテナンスプランに含まれる内容が違いますので下記の参考記事などをお読みになり、内容をしっかり確認してから契約をすることが大切です。

 

まとめ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

 

今回は人気のダイハツコペンエクスプレイ(COPEN XPLAY)のリース料金を大手主要カーリース会社で比較してみました。

カーリースは契約期間が長いほど月々の支払額が安くなりますので、11年契約のある定額カルモくんが安いという結果になりました。

頭金なし、月々約23,914円の均等支払いのみでボーナス時の加算もなくダイハツコペンエクスプレイの新車に乗れますので気軽に乗れそうですね。

 

しかし7~9年と契約期間の長いカーリースですからリース期間中に気楽にメンテナンスなどが出来るかなど総合的に考える必要があります。

今回の3社ではコスモMyカーリース・スマートビークルはコスモ石油のガソリンスタンドで全てお任せ出来るのがメリットであると言えます。

料金のやすさも大切ですが、リース期間中の使いやすさも考慮して、あなたにぴったりなリース会社やプランをお選びください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, コスモMyカーリース, ダイハツ, 定額カルモくん, 車種別, , , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人見向けカーリースのような新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ