カーリース コスモMyカーリース ホンダ 定額カルモくん 定額ニコノリパック 車種別

新型ヴェゼルのカーリース料金を5社で比較!頭金ボーナスなしの金額

2021年5月3日

ホンダ ヴェゼルは同社の人気コンパクトカーフィットをベースとしたクロスオーバーSUVで、クーペのような流麗なボディーラインを持ちながらも広い車内空間を両立しているのが特徴の人気モデルです。

2019年のSUV販売台数ではNo.1となるほどの人気モデルです。

そのヴェゼルが2021年に初のフルモデルチェンジを行い2代目モデルが誕生しました!

 

今回は新型となった2代目のホンダ ヴェゼルの特徴の説明とカーリースでヴェゼルに乗る場合の料金を大手カーリースで比較をしてみます。

毎月どのくらいの金額になるのでしょうか?

 

スポンサードサーチ

ホンダ ヴェゼルについて

引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

先代(初代)のホンダ ヴェゼルは3代目のフィットをベースとして開発され2013年から販売されました。

そして今回ご紹介するフルモデルチェンジされた2代目モデルはハイブリッドシステムを最新のe:HEVにアップグレードすると同時にSUVユーザーが重要視するデザインは上質なひとクラスに感じるものに進化しています。

 

ホンダ ヴェゼルのデザイン・室内スペース

 

 

引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

リアの外側のドアハンドルがドアパネルではなくピラー部にあるため一見、パーソナルなスポーツクーペのようにも見えるヴェゼルですが、実際には大柄な方が座っても頭上空間にはゆとりがあり、広さとパーソナル感をクーペプロポーションの中に両立しています。

フロントとリアのランプには薄型のシャープなデザインが採用され、前後を結ぶ水平基調の流れるようなラインで連結されてクーペプロポーションの美しさを際立たせています。

フロントグリルは近頃主流となっているような大型のメッキ装飾された派手なタイプから距離を置いたボディラインに溶け込むようなシンプルなデザインを採用しています。

ヴェゼルのインテリアは公式サイトに「乗る人全員の快適な居心地を叶えるインテリア」とされている通り、全てのシートで爽快な開放感あふれるデザインとされ、一部グレードではガラス製の「パノラマルーフ」を採用することでオープンカーのような明るさと開放感を備えています。

 

運転席では運転中の視界の周辺の見やすい位置にメーターやディスプレーオーディオが設置され、スイッチ類も安全な運転を妨げない、自然に手が届く位置に設置されています。

さらに後席は先代モデルから+35mm広くなった足元空間と、先代モデルと同様にひざ周りと前席との空間はミニバン並みのゆとりが確保され、座面の長さも上級セダンと同寸法として、背もたれの角度を最適化しているため長距離・長時間の乗車でも疲れにくい着座姿勢が可能になっています。

 

引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

また燃料タンクを通常のリアシートの下から前席の下へ移動させたことでリアシートを倒さなくても大容量ラゲッジスペースを確保しています。さらにリアシートを倒せばさらに広い空間が広がります。リアゲートの開口部も大きく、そして低いために積み下ろしも容易です。

 

引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

ホンダ ヴェゼルの走行・燃費性能

 

引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

ホンダ ヴェゼルに搭載されるパワーユニットは2種類が用意されます。

  1. 直列4気筒 直噴DOHC
  2. 直列4気筒 直噴DOHC+モータ(e:HEV)

e:HEVは従来のハイブリッド車のようにモーターとエンジンのどちらか、あるいは同時に走行のために使われるのではなく、走行には主にモーターが利用されエンジンは主に発電のために利用されます。

 

例外として高速走行ではエンジンを利用する方が効率が良いため、高速クルーズ時にはエンジンと車軸を直結してエンジンの力で走行します。

 

このような最新のシステムを採用したヴェゼルは燃費性能も優秀です。WLTCモード燃費では1.5Lガソリンモデルで15.6~17.0km/L、e:HEVでは22.0~25.0km/Lというボリューム感のある見た目からは想像できない燃費性能を実現しています。

特にハイブリッド車e:HEVでは4WDでもWLTCモード燃費が22.0km/Lと優秀ですのでハイブリッド車に4WDが用意されていないトヨタC-HRに対して大きなアドバンテージといえます。

※トヨタC-HRの4WD(1.2Lターボ)のWLTCモード燃費は14.3km/L

ホンダ ヴェゼルの安全装備

安全装備については安全運転支援システムの「Honda SENSING(ホンダセンシング)」がさらに機能を向上させています。

フロントワイドビューカメラを採用して横方向の視野範囲が広くなったり高速画像処理チップや近距離障害検知前後ソナーセンサーを新たに採用しています。

Honda SENSING(ホンダセンシング)は「フロントワイドビューカメラ」に加えて前方と後方にそれぞれソナーセンサー(検知センサー)が取り付けられ、3つの検知センサーを使用して総合的に判断を行うことで、対象が車だけではなく歩行者や自転車も認識できるようになり、昼夜を問わず事故を回避したり、衝突の被害を軽減することを支援するホンダの先進のシステムです。

ホンダ ヴェゼルの先進安全機能

  • 車や自転車、歩行者にぶつからないをサポート
  • 不注意による急発進を防止、注意を喚起
  • 不注意による急な後退を防止、注意を喚起
  • 壁などの見落としによる衝突回避・被害の軽減を支援
  • 道路境界を検知してはみ出さないように支援
  • 車線内をはみ出さないハンドル操作をサポート
  • 先行車の発信をお知らせ
  • 適切な車間距離を保ち運転負担を軽減
  • 標識を認識して見落としの防止をサポート
  • 先行車、対向車を検知してHI/LOビームを自動切換

 

それでは頭金も0円でボーナス加算もなしの均等払いでホンダ ヴェゼルの新車に乗る場合の料金を見てみましょう!

 

ホンダ ヴェゼルのグレード

G Honda SENSING 引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

同じ条件で比べるため、比較するグレードを決めて料金を各社で確認してみましょう。

クルマには装備やエンジンなどが違う数種類の「グレード」が用意されているのですがホンダ ヴェゼルにはガソリンとハイブリッド(e:HEV)合わせて4種類のグレードが用意されています。

ホンダ ヴェゼルのグレード

  • G 1.5Lガソリン
  • e:HEV X
  • e:HEV Z
  • e:HEV PLaY

今回はいくらからホンダ ヴェゼルに乗れるのか?ということですので、ガソリンエンジンのベーシックグレード「G」で料金を各社で比較してみましょう。

また参考までにハイブリッド車のベーシックグレード「e:HEV X」の料金も同時に掲載してみます。

 

今回ご紹介するホンダ ヴェゼルのカーリース料金は各社公式サイトのカーリース料金シミュレーションより算出した金額となっています。

■比較グレード※両車共に2WD(FF) AT

  1. ガソリン車:G
  2. ハイブリッド車:e:HEV X

■JWLTCモード燃

  1. ガソリン車:17.0km/L
  2. ハイブリッド車:25.0km/L

ホンダ ヴェゼル のリース料金を比較

※ 調査日現在、カーリースでは料金が発表になっておりません。

各社の料金が分かり次第、掲載します。

 

コスモMyカーリース・スマートビークル

他のリース会社が最長契約期間が9年であるのに対してコスモのマイカーリーススマートビークルの契約期間は3年、5年、7年ですので単純に月々のリース料金を比較してしまうと不利になります。※リース期間が長いほど月々のリース料金は安くなるため。

コスモMyカーリース・スマートビークルはクルマの整備やメンテナンスなどをお任せ出来るメンテナンスパックを3種類の中から選ぶことが出来ます。

  1. ホワイトパック:メンテナンス契約なし
  2. シルバーパック:簡易メンテナンス
  3. ゴールドパック:フルメンテナンス
リース期間 ホワイト シルバー ゴールド
3年
5年
7年

※全て税込、月間走行距離1,000キロで計算

シルバーパックとゴールドパックにはリース期間分の「自動車税」、「自賠責保険料」、「重量税」が含まれますが、ホワイトパックに含まれるのは「自動車税」のみです。

 

コスモMyカーリース・スマートビークルのここがポイント

コスモのマイカーリーススマートビークルでは月間走行距離を500~1,500キロで選ぶことが出来、距離が多いほど月額料金は高くなります。当然500キロを選択すればお安くなりますが、やはり不安に感じ利方も多いようで、多くの方が1,000キロで申し込みをしているようです。

また、他社の7年契約の相場よりもコスモMyカーリース・スマートビークルが安くなる傾向があるのですが、コスモMyカーリース・スマートビークルは他社ではほとんどが標準で月々のリース料金に含まれる「自賠責保険料」と「自動車重量税」が含まれておりません。しかしその点はシルバーまたはゴールドのメンテナンスパックを選ぶことで追加することが出来ますのでフレキシブルなムダのない契約が可能であるともいえます。

 

9年の長期契約が無いことでコスモMyカーリース・スマートビークルが不利なように見えますが、じつは累計登録台数5万台を突破して、コスモMyカーリース・スマートビークルは大人気なのです。その理由のひとつとしては他社ではメンテナンスの時に指定の自動車整備工場まで出向かなくてはならないのに対してコスモのガソリンスタンドで給油から車検まで全てお任せ出来るのです。つまり使い勝手が抜群に優れているのですね。全国のスタンドを利用したロードサービスも利用出来るのでとても安心です。

またコスモMyカーリース・スマートビークルだけはリース終了後に車がもらえるようなシステムがないのですが、実際にはカーリース利用者で終了後に買取などをして乗り続ける人は全体の10%ほどで、多くの方は新しい新車のリース車両に乗り換えています。月々定額で新車を乗り継いでいけるのがカーリースのメリットなのですが実際にもそのメリットを利用する人が多いようです。

 

定額カルモくん

定額カルモくん

定額カルモくんの契約期間は1年から11年まで1年刻みで出来るのがポイントです。

メンテナンスパックは上記コスモMyカーリース・スマートビークルと似た構成です。

  1. メンテナンス契約なし
  2. シルバーメンテプラン:簡易メンテナンス
  3. ゴールドメンテプラン:フルメンテナンス
  4. プラチナメンテプラン:ゴールド+メーカー保証延長
期間 メンテナンスなし シルバー ゴールド プラチナ
1年 なし
2年
3年
4年
5年
6年
7年
8年
9年
10年
11年

※全て税込料金です。

■リース料金に含まれるもの

  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税

※全てのメンテプランに含まれます。

■オプションでリース終了後車がもらえる「乗り放題オプション」

  • 契約期間は7年以上
  • 対象車種は軽自動車とコンパクトカー

オプション料金(乗り放題オプション加算額)

  • 7~11年契約:540円/月(均一料金)

※乗り放題オプションは日産ノートも利用可能です。

 

定額カルモくんのここがポイント

定額カルモくんは初心者や運転に自信のない方にも優しいカーリースです。それはメンテナンスパックのゴールドおよびシルバーを申し込むと付いてくる補償によって、リース終了時にキズや凹み、室内の汚れなどがあっても軽自動車で15万円、その他で18万円まで修理代を負担してくれるというもので、業界唯一のものです。

さらに軽自動車とコンパクトカー限定で「車がもらえるオプション」が追加設定され、7~11年契約では月500円の加算でリース終了後に車がもらえるようになります

 

カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミは契約期間が7年と9年の2つの期間から選ぶことが出来ますがリース期間終了まで乗るとクルマがもらえるのが特徴です

■リース料金

  • 7年契約:40,150/月(税込)
  • 9年契約:34,320/月(税込)

■メンテナンスパック加算額

  • 2,700円~/月(税込)

■リース料金に含まれるもの

  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 車検無料クーポン

■特徴

  • リース終了後車がもらえる(7年、9年)
  • 車検の基本料金が最初からコミコミ

■補足

ボーナス併用支払い

7年契約

  • 月々支払額: 21,780円
  • ボーナス月加算額:99,000円 年2回

9年契約

  • 月々支払額:17,820円
  • ボーナス月加算額:110,000円 年2回

 

カーコンカーリースもろコミのここがポイント

カーコンカーリースもろコミの申込みプランは 7年と9年の2つから選ぶことが出来ます。

7年と9年ではどちらの期間を選んでもリース期間終了後には車がもらえます。またリース期間分の車検無料クーポンがもらえますので期間中の維持費も低く抑えることが出来ます。

7年契約には「特選車」と呼ばれる車が用意され、カーナビやETCなどのアクセサリーとメンテナンスパックがリース料金据え置きでお得に利用出来るものですが今回の日産ノートは調査日では特選車に設定されていませんでした。

 

カーコンカーリースもろコミは7年契約と9年契約共にリース期間満了の2年前より返却と乗り換えが出来ますが、その場合はクルマをもらうことは出来ません。リース期間終了まで乗ることでクルマがもらえるようになります。

 

SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーるは保険会社のSOMPO(損保ジャパン)とIT企業のDeNAが手を組んで2019年6月にサービスを開始した新しいカーリースです。

SOMPOで乗ーるの契約期間は3年、5年、7年とコスモMyカーリースと同様で人気の契約期間を用意していますが、国産車だけではなく人気のドイツ車をはじめとする欧州車など輸入車の主要ブランドからも車を選べるのも特徴です。

SOMPOで乗ーるの契約プランはとてもシンプルでメンテナンスプランを2種類から選ぶだけです。

  1. いつでも乗ーるプラン:日常的にクルマに乗る人向けのフルメンテナンスプラン
  2. たまーに乗ーるプラン:月に数回くらいしか乗らない人向けの簡易メンテナンスプラン
期間 いつでも乗ーるプラン たまーに乗ーるプラン
3年
5年
7年

※全て税込です。

■リース料金に含まれるもの

  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 契約期間の車検
  • オイル交換メンテナンス費用
  • 自動車保険

■特徴

  • リース契約に自動車保険を組み込める
  • 車検費用もコミコミ

SOMPOで乗ーるのここがポイント

SOMPOで乗ーるは基本的に2種類のメンテナンスパックを選ぶだけと迷うことのないシンプルさですが、必要に応じて走行距離制限も付きあたり1,000キロから3,000キロまで選べたり、夏タイヤの交換や冬タイヤの交換なども「必要であれば」セットできる柔軟性の高い構成です。

基本料金には車検の基本料金やオイル交換などのメンテナンス費用も含まれ、契約に自動車保険(任意保険)も組み込むことが出来ますので支払いのフラット化が可能です。

また輸入車・外車も取り扱いをしているのは他のカーリースでは見ることの少ない魅力です。

 

MOTAカーリース

MOTAカーリースは2020年5月にサービスを開始した新しいカーリースです。

契約期間は5年と7年、そして11年という超長期契約が用意され、どの契約期間を選んでも契約期間満了後はそのままクルマがもらえます。

MOTAカーリースも契約プランはイコール、メンテナンスプランを選ぶということになりますが、メンテナンス契約無しを選ぶことも可能です。

  • メンテナンスパック:オイル交換とワイパーゴム交換程度の簡易メンテナンスプラン
  • メンテナンスパックプレミアム:全てお任せのフルメンテナンスプラン
期間 メンテなし メンテナンスパック メンテナンスパック

プレミアム

5年
7年
11年

※全て税込です。

■リース料金に含まれるもの

  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税

■特徴

  • リース契約満了後にクルマがもらえる

MOTAカーリースのここがポイント

MOTAカーリースの契約期間は3年と5年の次に11年と少し変則的です。

これは現在大手カーリースの中でも人気の定額カルモくんの11年契約と一緒で、契約期間が長ければ長いほど安くなるカーリースの特徴ならではのトップクラス月額の安さが魅力です。

さらに定額カルモくんではオプション費用(500円/月)が必要なクルマがもらえる仕組みを基本料金で(追加費用なしで)実現しています。

その結果、走行距離制限は無制限走り放題となり、傷による清算が必要になるリスクも関係なくなるのがメリットです。

 

料金を比較してみましょう

 

上記のカーリース月額料金を比較表にしてみました。

期間 コスモ カルモ もろコミ SOMPO MOTA
3年
5年
7年
9年
10年
11年

※全て税込です。

 

 

まとめ

今回はホンダヴェゼルのリース料金を大手主要カーリース会社で比較してみました。

結果としては契約期間により安いリース会社が違うことが分かりました。

しかし、嬉しいのは

頭金なし、円の均等支払いのみでボーナス加算もなくヴェゼルの新車に乗れるということです。※1日あたり円

 

しかし7~9年と契約期間の長いカーリースであればリース期間中に気楽にメンテナンスなどが可能であるか?など総合的に考える必要があります。

今回の3社ではコスモMyカーリース・スマートビークルはコスモ石油のガソリンスタンドで全てお任せ出来るのがメリットであると言えます。

料金の安さも大切ですが、リース期間中の使いやすさも考慮して、あなたにぴったりなリース会社やプランをお選びください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



CATEGORIES & TAGS

カーリース, コスモMyカーリース, ホンダ, 定額カルモくん, 定額ニコノリパック, 車種別, , , , , , , ,

カーマニア

Author:

カスタマー目線でクルマの情報をお届けします。 カーシェアリングや個人向けカーリースなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方を提案します。

スポンサーリンク





こんにちは!ウーロンです

自称(?)カーリース コンシェルジュとして個人向けカーリースやカーシェアリングなどの新しいクルマとヒトとの付き合い方の情報を発信していきますので宜しくおねがいします。

【趣味】

バイクツーリング(特に北海道)

旅行:最近は台湾食べ歩きによく行きます

マイカー賃貸カルモ